日本人の2割が「骨粗鬆症」患者+予備軍! 実は骨折後の死亡率は男性が高かった!!

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日本人の2割が「骨粗鬆症」患者+予備軍! 実は骨折後の死亡率は男性が高かった!!の画像1

男性の骨粗鬆症は骨折後の死亡率が女性よりも高い(depositphotos.com)

 骨粗鬆症に関連する骨折後の死亡率は「男性のほうが女性よりも高い」――米カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)助教授で整形外科医のAlan Zhang氏らの報告でわかった。

 骨粗鬆症とは、骨の化学的組成に異常はないものの、単位容積当たりの骨質量が減少し、骨が粗く、もろくなってしまう状態のこと。栄養、内分泌、遺伝など、さまざまな原因により、骨からカルシウムが少なくなり、骨がもろくなってしまうすべての疾患の総称だ。

 原因には諸説があるが、骨の生理的な老化に種々の因子が加わって発症するといわれている。

 詳しくは当サイトの「骨粗鬆症」を参照してほしい。
 

骨折した100万人超の患者データを分析

 米国では骨粗鬆症の患者は4400万人を超え、この疾患により年間約200万件の骨折が生じている。今回の研究によると、骨粗鬆症に関連した初回の「脆弱性骨折」が起きる可能性は女性のほうが高かった。一方、その後に脆弱性骨折が再び生じる可能性は男性でも同程度。ただし、死亡リスクは男性のほうが高かったという。

 日本での患者数に関しては、公益財団法人日本骨粗鬆症財団は以下のように解説している。

 「日本の総人口の10%弱、すなわち約1100万人が骨粗鬆症で、現在は症状が出なくても、いずれ腰痛や骨折を起こす危険が大きいと言われています。危険の程度を厳しく予測するかどうか、つまり、どこまで骨量が減少すれば危険とするかによって多少変わってきますが、骨粗鬆症予備軍まで含めると2000万人に達するかもしれません」(公益財団法人日本骨粗鬆症財団のホームページより

 今回のZhang氏らの研究では、骨粗鬆症を有し、2005~2009年に骨折を生じた、65歳以上の米国患者100万人超のデータを分析。対象者は87%が女性と圧倒的に多い。

 また、骨折から1年後の死亡率は、男性が約19%、女性が13%であった。このように死亡率には性差が見られたが、足関節骨折のみは例外で、男女ともに8%強であった。

 女性では、初回の骨折が起こる可能性は男性の5倍であったものの、その骨折後、3年以内にさらなる骨折を生じるリスクはやや低かった。

 同様に、初回の骨折で手術を要した男性は、3年以内にさらなる骨折を生じさせる可能性が高かった。また、脊椎圧迫骨折の場合のみ、続発する骨折のリスクは男女とも同程度であった。

 Zhang氏は「本研究により骨粗鬆症に関連する脆弱性骨折リスクには、患者の性別が影響する可能性があることが示された」と話している。

 この研究結果は、米サンディエゴで3月14~17日に開催された米国整形外科学会(AAOS)の年次集会で発表された。ただし、本研究は査読を受け、医学誌に掲載されるまでは予備的なものとみなす必要がある。

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真