シリーズ「DNA鑑定秘話」第46回

真犯人はコイツだ! 残されたDNAから容疑者の似顔絵まで作成が可能に!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
new_criminalforensis.jpg

DNA表現型解析で作成された似顔絵画像で真犯人は捕まるか?(shutterstock.com)

 怪奇極まりない残虐な事件は、2009年11月23日朝、米国ルイジアナ州レークチャールズ近郊で起きる――。

 ニール・ジョンソン(38)は、いつも通り自転車に乗って石油精製工場へ急ぐ。ふと道路脇に倒れている女性に気づき、保安官事務所に急報する。駆けつけたカルカシュー郡保安官事務所のトニー・マンキューソ保安官は、被害者の顔面が判別できないほど激しく殴打され、失血死したと判断。

 やがて特徴的なタトゥーから、被害者はシエラ・ブージガード(19)と判明。保安官事務所は捜査に乗り出す……。

容疑者のDNAはデータベースとも不一致!

 マンキューソ保安官は、被害者の通話記録に残された電話番号を追跡し、不法移民のメキシコ人労働者たちを突き止める。さらに、被害者の爪が掻き取った犯人の皮膚組織を採取し、DNAを抽出。入国管理局に協力を要請し、メキシコ人たちのDNAを採取する。

  だが、メキシコ人たちのDNAは、犯行現場から採取したDNAと不一致。FBI(米連邦捜査局)が過去の犯罪者・行方不明者・逮捕者のDNAを登録している膨大なDNAデータベースCODISシステムにも一致しない。

 捜査班は地元の人々に引き続き情報提供を呼びかける。被害者の遺族は逮捕につながった情報に1万ドルを提供すると申し出るものの、捜査は暗礁に乗り上げる。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆