「タトゥー」を入れた日本人の8割以上の人が後悔! <若気の至り>を消す方法とは?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タトゥーを消すための5つの治療方法

 日本形成外科学会などによると以下のような方法がある。

①レーザー治療による除去
 黒や赤はレーザー光の吸収がいいため、色を抜きやすい。だが、濃い黒は除去に時間がかかり、色が抜けにくい。色の薄いタトゥーは色素の量が少ないので、除去しやすいが、赤以外は色が薄くても除去しにくい。細い線の図柄は色を抜きやすい。女性も人気が高い除去法だ。

②切除術による除去
 タトゥーの入った皮膚を切除後、縫合する。小さく細長い形状は一回の治療で完全除去できるが、大きい形状や皮膚に余裕がない場合は、完全切除は難しい。縫合線は完全に消えない。特に大きい形状を切除した場合は、傷跡が盛り上がる時がある。

③皮膚を切らないタトゥーアウェイによる除去
 回転針マイクロニードルで皮膚を浅くアブレージョン(削皮術)し、高濃度の乳酸を注入し、色素を除去する。色に関係なく除去できるが、火傷跡のような皮膚が盛り上がった肥厚性瘢痕が残るのが欠点だ。また、除去後に周りの皮膚と比べて除去した部分が白くなる色素脱失、皮膚の色が茶色くなる色素沈着も避けられない。

④植皮法(皮膚移植)
 植皮法(皮膚移植)は、タトゥーの皮膚表面を剥離し、自分の身体の他の部位(臀部や大腿部など)から皮膚を移植し、タトゥーを除去する。レーザー治療で除去できない深いタトゥー、広範囲なタトゥーを短期間で除去できる。

 皮膚の全ての層を移植し、移植元の部分は縫合する全層植皮法と、皮膚の表層の一部を移植する分層植皮法がある。移植した皮膚は4日程度で新しい血管が植皮片へ入り込み、約1週間程度で生着する。ただし、移植した皮膚が壊死する、血腫ができる、感染症によって化膿するなどのリスクがある。

施術前の注意点は?SNSの口コミなどの情報を鵜呑みにしない

 

 レーザー治療から植皮法まで選択肢は広いが、いずれの除去法も痛み・かゆみなどを伴う。だが、身体に負担の少ない局所麻酔を行うクリニックが多いので、痛み・かゆみは緩和されている。

 除去前の注意点をまとめよう――。

 まず、タトゥー除去に失敗しないために、タトゥー除去をして除去が成功した家族や友人から最適なクリニックの情報を集めよう。インターネットやSNSの口コミなどの情報を安易に鵜呑みにしないように。

 術前にクリニックの施術者から、インフォーム・ドコンセント(説明を受けた上での同意)を受けること、除去法から術後、費用まで詳しくカウンセリングを受け、誤解やトラブルがないように準備することが何より重要だ。

 特に費用は重要だ。除去する部位、除去する形状や大きさなどによる料金設定は、クリニックによって異なる。目先の低料金に心が動きがちだが、施術のクオリティに見合ったトータルコストを提案してくれるクリックを選ぼう。

 ちなみに、費用は、レーザー治療が安く、アブレーション治療(削皮術)、切除法、植皮法の順で高くなるのが一般的だ。

 幸い最近は、サイト内に簡単なチェックリストを設け、見積もりが簡単に取れるので、ぜひ活用しよう。安全で高精度な除去法で、新たな一歩を踏み出してほしい。
(文=編集部)

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔