あなたのアルツハイマーの発症リスクが検査で判明できたら……87%が将来の計画に着手

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生前遺言10万人越え時代に

 「一般人の関心がこれほど高い背景としては、アルツハイマー病が頻繁にマスコミ上で取り上げられ、とりわけ重大な影響を及ぼす疾患であるという認識が人々に浸透している可能性がある」(Sheffrin氏)

 日本でも、運転者がアルツハイマー型認知症の場合、「自分が今、どこを走っているか!?」という空間認識に支障が生じたり、目的地を失念して徘徊したりする例は多い。結果、センターラインを越えたり、逆走したりするのだ。
 
 あるタクシードライバーは、「定年後も頑張る同僚が多いが、ある日突然、営業所への帰路が分からなくなって、その日に引退した人もいる」と身近な認知症の事例を語る。

 こうした深刻な認知症問題に国境はない。今回の研究成果を踏まえて、Sheffrin氏は次のように述べている。

 「近い将来、こうした予測検査が可能になるならば、患者に助言できたり、将来の備えに有意義な手段として、高いニーズが生じるだろう。斯界の研究陣や医師たちはそう認識すべきだ」

 <将来の備え>といえば、日本では「生前遺言(living will)」の関心は高まっている。平成26年に全国で作成された「遺言公正証書」は10万件を突破(日本公証人連合会調べ)した。

 昨今の相続・遺言への意識の高さを伺わせるトピックだが、老いてもハンドルを握る方々には、認知症対策への自意識も深めてほしい。
(文=編集部)

「責任能力なし」の精神障害者が再び他害行為~治療によって退院3年後で1.8%に
インタビュー「重大な他害行為を行った精神障害者の治療」第2回 国立精神・神経医療研究センター病院・第2精神診療部長:平林直次医師

第1回「精神鑑定「責任能力なし」~重大な他害行為を行った精神障害者の治療病棟では……」
第2回「「責任能力なし」の精神障害者が再び他害行為~治療によって退院3年後で1.8%に」
重大な事件を犯しても「責任能力を問えない」と判断された精神障害者は、その後どのような処遇を受けているのだろうか? 他害行為を行なった精神障害者の治療を行うための医療観察法病棟が設けられている、国立精神・神経医療研究センター第2精神診療部長の平林直次医師に、あまり知られてない治療の実情について訊いた。

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆