インタビュー「女性の薄毛トラブル対策」第1回:北嶋渉医師(銀座HSクリニック院長)

女性の「薄毛」は20〜30代から進行! 頭部全体の毛髪が薄くなる「びまん性薄毛」の原因は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

男性と女性の「薄毛」の違いとは?

――男性の薄毛との違いや特徴を教えてください。

 男性の薄毛は「男性型脱毛症(AGA)」と称され、男性ホルモンがある物質と結びつくことにより育毛を阻害し、前頭部から後頭部にかけて薄毛になることが明らかになっています。頭髪の左右の生え際や、つむじのあたりに顕著な脱毛が見られます。

 一方、女性の薄毛は要因もさまざまで、頭部全体にわって毛髪が薄い「びまん性の薄毛」が多いですね。男性のように分け目を変えても薄毛が全体に広がっているので、見た目の解決ができない。そのため、専門クリニックで治療が必要という患者さんが急増しています。

――びまん性の薄毛の原因は何でしょう。ストレスも大きいのでしょうか? なぜ専門クリニックで治療する必要があるのでしょうか?

 治療方法の選択肢が多いので改善しやすいのではないでしょうか。また、保険診療では女性の薄毛治療に有効な内服薬がないということもあります。

 びまん性薄毛の原因は、老化によるホルモンバランスの変化、貧血、内臓疾患、ストレス、過度なダイエット、産後のホルモンバランスなどさまざまです。稀に膠原病などの全身疾患が原因の患者さんがいますが、ほとんどの場合は原因を特定するのが極めて難しいです。

 ストレスが原因の可能性が高いとは言えますが、ストレスを数値化できないので、なかなか難しいところです。

びまん性薄毛を発症してしまう人の傾向は?

――びまん性薄毛を発症してしまう人の傾向はありますか? 髪の毛を引っ張り過ぎると薄毛になりやすいなど、まるで都市伝説のようないわれのない噂もありますが。

 患者さんの母親が薄毛傾向にある場合は薄毛になりやすいという遺伝的要因はあります。ただ、あくまでも傾向であって、すべての原因が遺伝にあるわけではありません。

 またロングヘアの人が薄毛になりやすいとか、ヘアアクセサリーなどで髪の毛を引っ張ると薄毛になるということもありません。加齢とともに人は誰でも老化しますが、老化と薄毛とは何の因果関係もありません。もちろん、見かけが老けているからといって薄毛になるわけでもありません。

――ありがとうございます。次回は薄毛女性の予防と改善のノウハウについてお訊きします。

(取材・文=夏目かをる)

北島渉(きたじま・わたる)
銀座HSクリニック院長。2003年、滋賀医科大学医学部卒業。京都府立医大病院皮膚科、京都市立病院皮膚科、京都第一赤十字病院皮膚科、綾部市立病院皮膚科などを経て、2010年、銀座HSクリニック院長に就任。

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆