猫の死因のトップは「あの病気」だった! 5~6歳で発症し、そのうちの5~7割が慢性化する

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

5~6歳で急性腎不全になり、5~7割が改善せずに慢性腎不全に

 宮崎教授によると、猫は5~6歳で急性腎不全になることが多く、そのうち5~7割が改善せずに慢性腎不全になり、およそ15歳で死に至るという。

 また、日本ベェツ・グループの推計によれば、8歳で約8%、10歳で約10%、12歳で24%、15歳以上で30%の猫が慢性腎不全を発症するとしている。

 なぜ猫は急性腎不全になりやすいのだろう? 『Nature Medicine』(2016年1月6日)によれば、宮崎教授と科学技術振興機構の研究チームは、血液中のタンパク質AIMが腎臓に働きかけ、急性腎不全の治癒に役立つ可能性を示唆する研究成果を発表した。

 発表によれば、人の急性腎不全は、血液中のタンパク質AIMが活性化するので、腎機能が改善されるが、猫の急性腎不全は、AIMが働かないため、腎機能が改善されない事実が確認された。

 AIMによる急性腎不全の治癒の仕組みはこうだ――。急性腎不全が生じると、腎臓の尿細管に細胞の死骸が詰まることから、腎機能の低下につながる。腎機能が低下すると、血液中に存在するAIMが尿中に移行し、細胞の死骸に付着する。その結果、AIMがマーカーとなって働くため、周囲の細胞が一斉に細胞の死骸を掃除することから、尿細管の詰まりが解消され、腎機能が速やかに改善されるという仕組みだ。

猫に腎不全が多い原因がは人の治療にも役立つ?

 今回の研究は、マウスの比較実験だが、腎機能が低下した時の血中AIMの尿中への移行と細胞の死骸への付着は、人の急性腎不全患者でも観察されるので、AIMによる治療は有効であるとしている。

 宮崎教授は「数年で猫の薬が使えるようになれば、腎不全の猫の治療や延命に役立つので、猫の寿命を大幅に延ばせるだろう。しかも、AIMを利用した薬の開発が進むと、猫だけでなく人への応用も大いに期待できる」と話している。
 
 さて、『吾輩は猫である』の名無しの黒猫は、人間様の観察が好きでいつも人間を見ている。死ぬのが万物の定めなら、早くあの世へ旅立つ方が賢いと悟るが、ビールに酔っぱらい、水瓶で溺死する。珍野苦沙弥(ちんのくしゃみ)先生は、どんなに悲しんだだろう。猫も人間様も長命長寿なら、本望にちがいない。
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆