健康なら「ゴールド免許」のインセンティブを~小泉進次郎議員らの「人生100年時代の社会保障」

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
494394004.jpg健康に努力した人には<勲章>?(shutterstock.com)

 いよいよ、わが国の財政状態はひっ迫の度合いを増し、「経済」にとどまらず「健康」にまで格差が拡大するようだ。

 この問題への理解を深めるために、簡単な設問をくり返して考察しよう。まずは、健康に関する一問め。

●あなたはかぜ薬や湿布薬、うがい薬などの軽微なリスク対応は自己負担になっても構わないと思いますか?(Yes,No)

●もし、医療保険の自己負担分が3割から2割に減るならば、あなたは従来以上の健康管理に努めますか?(Yes,No)

 Yesと答えた方への三問め。

●定期健診などを受ける努力が報われる制度が導入されたら、うれしいですか?(Yes,No)

 どの設問にも「Yes」と答えた方々は、今後の報道で頻出するだろう「健康ゴールド免許」という用語と、その行く末に注目していただきたい。

 次いで、「セーフティネット」に関する問いに進んでみよう。

●企業の厚生年金や健康保険は、すべての非正規労働者にまで拡大すべきだと考えますか?(Yes,No)

●低所得の就労者に関しては、社会保険料負担を免除ないしは軽減すべきだと考えますか?(Yes,No)

 どちらも「Yes」と回答された方への三問め。

●上記に伴う保険料が、事業主負担増となるぶん、「解雇規制の見直し」が行なわれてもやむを得ないとあなたは考えますか?(Yes,No)

自民若手陣のポスト安倍計画

 さて、ここまでのYes事項を全部実現しようというのが過日、自民党の小泉進次郎・農林部会長ら若手議員が「人生100年時代の社会保障」と銘打って打ち出した提言だ。

 聞けば、安倍総理肝いりの<働き方改革>や、2020年度までの<社会保障改革>の工程表が視野に入れていない中長期の課題に軸足を置いているという。

 一部では、ドイツ経済復調の取り組みになぞって「これぞ、日本版シュレーダー改革だ!」と称賛する声もある一方、党議決定したわけではない提言を「若手議員のお勉強に過ぎない」と見る冷ややかなベテラン議員もいる。

 この、小泉議員が主導する自民党「2020年以降の経済財政構想小委員会」による提言の骨子をもう少し理解するため、年金改革案も設問形式で考察してみよう。

●現行70歳未満しか納められない厚生年金の保険料ですが、70歳を超えていつまでも納付可能にすべきだとあなたは考えますか?(Yes,No)

●年金受給の繰り上げ/繰り下げ期間も現行(60~70歳)から、もっと柔軟にすべきか?(Yes,No)

 定年を迎えてもまだまだ働きたいという元気な高齢者が増えている昨今。にもかかわらず現行下では、年金を受給しながら働くと当の年金が減額されている。

 そこで年金問題の三問め。

●働けば年金が減額される構造(=在職老齢年金)は廃止すべきか?(Yes,No)

<治療の中断>を減らした「オンライン診療」~会社やカフェからアクセスする患者たち
インタビュー「自宅や職場からの遠隔診察を可能に」第3回:新六本木クリニック・来田誠院長

第1回:<治療の中断>を減らした「オンライン診療」~会社やカフェからアクセスする患者たち
第2回:通院不要の「オンライン診療」~支払いはクレジット決済、薬は院外処方箋を自宅に配送
第3回:<治療の中断>を減らした「オンライン診療」~会社やカフェからアクセスする患者たち
 「5大疾病」のひとつとされ、もはや誰でもかかりうる病気となった精神疾患。その治療は長い期間にわたることが多いため、通院には負担がかかるのが常だった――。そんな精神科の診療をオンラインで行うことを可能にし、利便性を高めたのが新六本木クリニックだ。

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛

理学療法士。日本で理学療法士として勤務した後、豪…

三木貴弘