薬用石鹸に殺菌効果ナシ!? 米国では販売禁止、日本でも「トリクロサン」の実態調査へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ラベル表示よりも<洗う動作>が決め手

 一方、アメリカ疾病管理予防センター(CDC)としては「感染症の発症・拡大を予防するという意味では、水と石鹸での手洗いも最善の方法の一つである」と冷静にコメントし、手洗いができない状況下では「アルコールを60%以上含有する除菌剤を使用すること」を勧めるという無難な見解を述べていた。

 しかし、今回のFDA発表は、対象の石鹸類を「抗菌効果なし」と明解に斬り捨て、販売中止を突き付けたのだから、その対応は迅速だ。

 もっとも、その米国への追従速度では人後に落ちないのが、わが国の安倍政権だろう。9月2日の米国報を受けて僅か5日後の7日午後、菅義偉官房長官は「日本においても同様の成分を含む商品の確認を早急に実施し、とるべき措置について検討を行なってゆく」と記者会見上で述べた。

 厚生労働省によれば、問題のトリクロサンを含有する「薬用石鹸」の類いは、広く国内でも流通している。同省では今後、FDA見解(=措置)の根拠とされる研究報告などを精査しつつ、国内で販売中の対象品の種類や範囲を調査するという。

 前掲の記事でも、特に印象に残っているのが、米レノックス・ヒル病院(NYC)のRobert Glatter氏が端的に語った次の助言だ。

 「手洗いにおいて最も肝心なのは、時間をかけてゴシゴシ洗うという単純かつ機械的な動作です。特に細菌や汚れが溜まりやすい爪のなか、指のあいだに注意することが大切です。それは除菌剤や石鹸などを使う場合も同様で、最低20秒以上は手を擦り続けるのが賢明でしょう」

 肝心なのは動作のほう、同氏はもしかしたら「薬用も大差(=効果)ないよ」と言外に示唆していたのかもしれない。米国追従の政府表明は迅速でも、そこから先は、やれ審議会がどうのこうのと検討段階で<亀の速度>になる役人方である。

 今後の国の措置がどうであれ、今回の石鹸報に仰天された方はまず、「薬用」「除菌」「殺菌」「抗菌」などへの表示信仰を自ら洗い流してみてはどうだろうか。それらの売り文句よりも、肝心なのは手洗いの基本的な動作をおろそかにしないことだ。
(文=編集部)

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子