シリーズ「DNA鑑定秘話」第38回

「コーヒー」は1日に何杯飲めるのか? 答えは カフェインを分解する遺伝子が決めていた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーヒーは死亡リスクを下げDNAの自然崩壊の抑制に役立つ

 ちなみに、コーヒーとDNAにまつわる最近のトピックをいくつかピックアップしてみよう。

 2015年5月、国立がん研究センターは、19年もの大規模調査の結果、コーヒーを1日3~4杯飲む人は、ほとんど飲まない人よりも死亡リスクが24%も低いと発表している。

 米国の『応用社会心理学ジャーナル』(2011年)やヘルスケアサイト『mensfitness』は、コーヒーを飲んで得られる7つの健康効果として、体脂肪の燃焼促進、筋肉痛の回復、持久力の増大、記憶力の向上、DNAの強化、ストレスの緩和、性的機能の高揚を指摘している。

 国際栄養学術誌『ヨーロピアン・ジャーナル・オブ・ニュートリション』(2015年2月号)によれば、ドイツのカイザースラウテルン大学の研究グループは、コーヒー(1日150mg)のカフェインを飲めば、疲労感の緩和、注意力の向上、DNAの自然崩壊の抑制に役立つという研究論文を公表している。

 さて、朝一杯のコーヒーが習慣の人も多いだろう。コーヒーなしでは夜も日も明けないコーヒー通も少なくない。だが、1日の摂取量は3〜4杯程度が適量だ。過剰に摂取すると、カフェイン依存症に陥り、耳鳴り、目まい、イライラ感、不安感などにつながることもある。適量を意識して愉しもう。


佐藤博(さとう・ひろし)
大阪生まれ・育ちのジャーナリスト、プランナー、コピーライター、ルポライター、コラムニスト、翻訳者。同志社大学法学部法律学科卒業後、広告エージェンシー、広告企画プロダクションに勤務。1983年にダジュール・コーポレーションを設立。マーケティング・広告・出版・編集・広報に軸足をおき、起業家、経営者、各界の著名人、市井の市民をインタビューしながら、全国で取材活動中。医療従事者、セラピストなどの取材、エビデンスに基づいたデータ・学術論文の調査・研究・翻訳にも積極的に携わっている。

シリーズ「DNA鑑定秘話」バックナンバー

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆