インタビュー「職場でのうつ病の再発を防ぐ」秋山剛医師(NTT東日本関東病院精神神経科部長)

部下や同僚が「うつ病」になったら? リワークのプログラムで再発を防げ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

うつ病とどう向き合っていけばいいのか?

──リワークによる効果は、どのくらい実証されているのでしょうか?

 これは評価するためのデータの取り方は、非常に難しいのです。というのも、リワークのプログラムを受けた人が、どのくらい仕事を続けているかというデータは取れますが、リワークプログラムを受けずに普通に復職した人が、どれくらいで再発、再休職しているかというデータが、公表されないのです。

 ただし、リワークのプログラムを提供している医療機関や医療施設が国内に200余りに増えて、広がりを見せています。復職する人の実感、迎える企業側の実感として、リワークによって、以前より再発を繰り返さなくなったと考えられていると思います。

──うつ病には、これからどう向き合っていくべきでしょうか?

 「認知行動療法」という、物事の受け止め方や困りごとの解決方法を学ぶカウンセリングは、軽いうつには治療効果があります。これは病気になる前の予防の段階でも効果がありします。うつ病になる前に、「よりよく柔軟にものごとを受け止め、効果的な問題解決をする」ことを、国民全体で学ぶという働きかけもこれから必要でしょう。いじめの防止にも役立つと思います。

 それから、うつ病になったときに元の会社に戻るかどうか、悩む人がいます。私は、こういう場合、「これを契機に、<自分にはどんな可能性があるか>ということを徹底的に考えてみたほうがいいですよ」と勧めています。

 会社にはよいことも嫌なこともあります。復職するのであれば、気持ちの整理をつけて、より前向きな気持ちで復職することが大切ですから。「自分が人生の主人公であり、筋書きを書いているんだ」という主体的な気持ちが大切ですね。
(取材・文=里中高志)

秋山剛(あきやま・つよし)
NTT東日本関東病院精神神経科部長。うつ病リワーク研究会世話人。東京大学医学部卒業。同大学医学部附属病院分院神経科を経て現職。東京大学精神科非常勤講師などを兼任。専門はうつ病の人の復職支援など。監修書に『うつ病リワークプログラムのはじめかた』(弘文堂)、『うつ病の人の職場復帰を成功させる本』(講談社)などがある。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆