連載「健康って何だ?~フィットネス道の探求~」第19回

「リーダー」を目指すなら筋トレをすべし! 優れたリーダーをつくりあげる方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

筋トレは脳も活性化~リーダーとしての「頭のキレ」を養う

 筋トレで導かれる「たくましさ」は、見栄えのよさばかりではない。リーダーの資質として重要な「頭のキレ」も養われる。筋トレによって脳も活性化するのだ。

 一昔前に注目された『脳を鍛えるには運動しかない!―最新科学でわかった脳細胞の増やし方 』(日本放送出版協会)で、著者のハーバード大学医学部のジョン・J・レイティ博士運動は「運動が脳の神経細胞を育てる」と主張している。

 さまざまな研究論文でも立証されており、リハビリテーションによって脳梗塞による障害が克服されるのも、そのひとつ。脳から筋肉への伝達経路、また末端(筋肉)から脳への伝達経路も「運動」というリハビリで活性化されるのだ。

 私の顧客でも、トレーニングによって脳梗塞の障害が大幅に減少した方が何人もいる。筋トレほどハードなものでなくても、軽い運動で脳は活性化し、思考能力や記憶力の向上に寄与することは、これまでさまざまな研究で示されている。

 ビジネスの成功者の多くが、フィジカル面での健康管理を大切にしている。前述のとおり、脳の活性化はうながされ、筋トレの継続による目的意識や計画性などは、それをやってない人と比べて歴然の差がつくだろう。生活のリズムや食事にも気を使い、仕事にも好影響を与えることは容易に想像できる。

 トレーニングは他人に影響されることが少なく、自分次第だ。己の意思が強ければその変化も大きく、効果を実感することによる自信も更に大きなものになる。筋トレとは、自分自身や自分のライフスタイルをデザインするようなものだといえる。

「自分との戦い」がメンタルを強くする

 そして、筋トレは自分との戦いなので、他人が関わるよりも成果を上げるのは楽だ。その成果(体の変化)の積み重ねは、自信にもつながる。やれば成果が上がるのが筋トレである。

 筋トレをすれば、変わらないわけがない。変わらないのは何かが間違っているからだ。筋トレで体験する「あともう一回」「もうひと踏ん張り」は、人の心を強くする。成功者に不可欠な「強い心」を作り上げる一助となるはずだ。

 少しずつ日本人の中にも、リーダー像のなかにフィジカルの評価が高まっていることは嬉しい。一過性のブームではなく、今後も定着してくれることを願う。


連載「健康って何だ?~フィットネス道の探求~」バックナンバー

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子