灼熱のアスファルト、愛犬の肉球火傷が危ない! ドッグブーツは是か非か?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

足の裏が蒸れてしまうというデメリットも

 靴を履かせるメリットも充分にあるが、まず、犬が靴を履くことを嫌うことが多く、ストレスになってしまうことが考えられる。そのストレスよりも、靴を履かせた方が良いと判断した場合なら、少しずつ慣れさせていくのが良いだろう。しかし、メリットが少なすぎる場合は、無理に靴を履かせるのは感心しない。

 そして最も重要なのが、犬は足の裏と鼻の頭などのごくわずかな部分にしかエクリン腺という汗腺が無いこと。つまり、靴を履くことで、足の裏が蒸れてしまうというデメリットもある。散歩などの短時間なら良いが、室内で長時間スリッパを履かせるような感覚で使うのは控えたほうがよさそうだ。
 
 野生動物は自然なままで飼うのが一番などと言う意見もあるが、犬は野生動物ではない。人間とともに暮らすペットであることを理解して、互いが幸福になるよう、時代にあったベストな方法を選択していきたい。
(文=編集部)

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子