LGBT、性的マイノリティーの「生きづらさ」の正体~精神的な苦痛と自殺リスクに目を向けて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

65%が自殺を考え、15%が自殺未遂

 欧米では以前から、LGBTの人たちの自殺願望や自殺を企てる割合が、一般より高いとたびたび指摘されてきた。

 ひるがえって日本でも、数千人のゲイとバイセクシュアル男性を対象としたインターネット調査において、ゲイ・バイセクシュアル男性の特性不安・抑うつ・孤独感が高く、自尊心が低いという結果がある。

 さらに約半数が「ホモ」「オカマ」などといじめられた経験を持ち、65%が自殺を考えたことがあり、15%が実際に自殺未遂を経験している。

 家族にさえ理解されず、いじめられ続けることで染み付く自己否定感や、社会に受け入れられない孤独感。また、身の回りにロールモデルとなる存在が極端に少ないため、人生設計を見いだせず、将来に希望を持てないことも生きづらさの要因になる。

 性的少数者の多くは差別を恐れて、周囲にカミングアウトしない。そのため、自殺で亡くなっても、その動機は公にならない。性的少数者の自殺リスクの高さが認識されにくいのは、この問題が可視化されないことによると専門家は指摘する。

 いちばん大切なのは、多様な性のあり方を多くの人が理解することだ。正確な知識を持ち、無意識での偏見や差別的な言動をしてないか、セルフチェックしたい。彼らのメンタルヘルスを損ね、ついには自殺に至ってしまう要因の一つにあることを、多くの人たちが知るべきだ。
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫