なぜ大人になると時間が短く感じられるのか? ジャネの法則とは?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャネの法則を克服するためには?

 では、「新しい体験や学習による経験の量と質の総和」を5倍に高め、歳を重ねると時間を速く短く感じるとするジャネの法則を克服するためには、どうすればいいだろうか?

 たとえば、幾つになっても、ゴールと目標を持ちつつ、様々な経験や挑戦を止めない。勇気や好奇心や情熱を燃やし、新しい自分の可能性を開発し続ける。失敗を恐れず、後悔せず、希望を諦めず、充実感・満足感・達成感を実感しながら生きる。常にポジティブに前向きに考えて行動する。いつも小学校1年生のワクワク・ドキドキの気持ちを忘れない。つまるところ、若々しさや向上心を心がけることに尽きる。

 このように、未来に向かって意欲的にチャレンジしながら、新しい体験や学習による経験量の総和を増やせば増やすほど、歳を重ねても時間の流れはゆっくりと長く感じられる。5倍の勇気・好奇心・健康さえあれば、10歳のような若々しさを感じながら、ゆっくりと、ゆったりと生きられる。

 なぜなら、人間は快楽を好み、幸福を求め、成長を願い、貢献することに喜びを感じる社会的な動物だからだ。つまり、神経伝達物質のドーパミン、ノルアドレナリン、セロトニンが分泌されればされるほど、多幸感、快感、自己肯定感が煽られ、ますますアクティブにポジティブに考え、行動するからに他ならない。

 1日24時間、1年365日という時計時間は一生変わらない。だが、大脳にセットされている生理時間は、自分の意識や行動を変えれば、いくらでも変えられる。一瞬一瞬を生ききる。捲まず撓まず走り続ける。その時、あなたの人生の生理時計は、ゆっくりと長く逞しく、時を刻んでいるだろう。
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆