20歳まで女性と交際したことがない男性が半数も! 草食系の上をゆく「絶食系男子」増加の背景は?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

男らしさに追い詰められる男性たち

 日本医科大学心療内科の海原純子特任教授は、1980年代から心身症を専門にカウンセリングを行ってきたが、ストレス性疾患を患う男性が急増していることを痛感して『男はなぜこんなに苦しいのか』(朝日新聞社)を書いた。

 働き盛り世代に今、何が起きているのか? 海原教授によれば、2008年のリーマン・ショック後、企業のリストラが加速し、報酬も人事も成果主義が主流になったことから、アルコール依存症、適応障害、うつ病などのストレス性疾患がとくに増えている。

 その根底にあるのは、男らしく生きなければならないという呪縛とストレスとの葛藤だ。住宅ローンや教育ローンがある、家族を支えなくてはならない、仕事は辞められない。だが、上司のパワハラが苦しい、したい仕事に取り組めない、思い通りの評価や安定収入が得られない、将来の見通しが立たない。しかも、ライバルの同僚たちとは本音を語り合えない、家庭でグチは言えない、自分の弱さを見せられない。男性は、トリレンマ(3つのジレンマ)に陥って悩んでいる。

 やがて、過労や不眠症、胃腸障害や食欲不振、めまいや不定愁訴などを伴う心身症に陥ると、タバコ、アルコール、薬物に走りがちになる。リスキーなストレスの連鎖から逃れられなくなる。忍耐力や協調性の強い人、少しの失敗も許せない完璧主義者、趣味がない人や友人が少ない人ほど、心身症になりやすい。社会の急激な変化が足枷手枷になり、男性を離脱できない袋小路に追い込んでいる。

 恋愛も結婚もしない、できない「絶食系男性」。男らしさの呪縛に囚われる働き盛り世代。男はなぜこんなに苦しいのか?
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆