男性はみなナルシシズム(自己愛)が強い!? いまや「自己愛性パーソナリティ障害」は16人に1人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
82320-2.jpg

男は誰もがナルシシスト!?(shutterstock.com)

 「あらゆる星が北極星を中心として動いているように、世界は私を中心として動いている。私は秩序そのものであり、法律そのものである」――ウィリアム・シェークスピア『ジュリアス・シーザー』

 シーザーのように、ありのままの自分を受け入れず、自分は特別で偉大な存在だと肥大化した自己意識をもつ障害、それが自己愛性パーソナリティ障害(Narcissistic personality disorder ; NPD)だ。

 作家の三島由紀夫や太宰治、画家のサルバドール・ダリ、指揮者のヘルベルト・フォン・カラヤンはNPDだったとされる。彼らは、幼少期に母親から拒絶された経験をもつという説がある。なぜNPDに陥るのか?

 2009年、アメリカの心理学者ジ−ン・M・トウェンギとW・キ−ス・キャンベルが著した『自己愛過剰社会』(河出書房新社)によると、10年間で発生率は2倍以上に増加し、16人に1人がNPDと推定している。

 NPDのルーツは、ギリシア神話きってのイケメン、ナルキッソスだ。ナルキッソスは、恋を打ち明けられた精霊エコーにつれなくしたため、女神ネメシスの怒りを買い、「自分の姿に恋焦がれよ!」という罰を受ける。ナルキッソスは、泉に映る自分に見惚れたまま痩せ衰えて死ぬ。水辺に一輪のスイセン(Narcissus)が残された……。

ナルシシズムに陥ると健全な人間関係を築けない

 だがナルキッソスは甦る! 2015年3月、ニューヨーク州立大学バッファロー校の研究者らは、複数の研究の結果を統合し、より高い見地から分析するメタ解析を行い、「男性は女性より強いナルシシズム(自己愛)を示す傾向がある」という研究結果をまとめた。

 研究者らは、過去30年に及ぶ約47万5000人の男女のデータと355以上の過去の論文を綿密に解析。「ナルシシズム」「ナルシスト」「自己陶酔」「男女」「性別」「男性」「女性」のキーワードを活用し、「リーダーシップ/権威」「誇大妄想性/自己顕示癖」「権利主張」の 3つの側面にどのような男女差が現れているかを詳細に調べた。

 筆頭研究者のエミリー・グリハルバ教授によれば、ナルシシズムに陥ると、健全な人間関係を築けない、非倫理的な行動をとる、攻撃性を見せるなどの問題行動を起こすが、自尊心が高まり、情緒が安定し、リーダーとしての資質が高まる傾向もあると説明する。

男は誰もがナルシストか!?

 分析結果からどのような男女差が確かめられたのかを見よう。

 男女差が最も大きかったのは「権利主張」。男性は他人を利用すると、より特権意識を感じやすい。自分は特別な人間だから、自分が満足するためなら、他人を利用しても構わないと思い込む傾向が強い。

 次に男女差が大きかったのは「リーダーシップ/権威」。男性は権威欲が強い。自分は生まれつき他人に影響を与える能力があるリーダーだから、より大きな権威を持ちたいと考える傾向が著しい。

 男女差がなかったのは「誇大妄想性/自己顕示癖」。男女を問わず注目されたいという虚栄心とプライドがある。鏡に映る自分の姿を見るのが好きだから、注目されたい、敬愛されたい、賞賛されたいと願う傾向が大きい。

 さらに、年齢による男女差を検証すると、男性は年齢に関係なく一貫して、ナルシシズムの傾向が強いことが分かった。男性はだれもがナルシストなのだ!

「責任能力なし」の精神障害者が再び他害行為~治療によって退院3年後で1.8%に
インタビュー「重大な他害行為を行った精神障害者の治療」第2回 国立精神・神経医療研究センター病院・第2精神診療部長:平林直次医師

第1回「精神鑑定「責任能力なし」~重大な他害行為を行った精神障害者の治療病棟では……」
第2回「「責任能力なし」の精神障害者が再び他害行為~治療によって退院3年後で1.8%に」
重大な事件を犯しても「責任能力を問えない」と判断された精神障害者は、その後どのような処遇を受けているのだろうか? 他害行為を行なった精神障害者の治療を行うための医療観察法病棟が設けられている、国立精神・神経医療研究センター第2精神診療部長の平林直次医師に、あまり知られてない治療の実情について訊いた。

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛