花粉症が招く「食物アレルギー」が増加中! ~豆乳を飲んで呼吸困難に陥った人も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注意したい花粉と食品の組み合わせはコレ!

 ちなみに、花粉・食物アレルギー症候群を発症しやすい花粉と食品の主な組み合わせ例としては次のようなものがある。

◎シラカンバ、ハンノキ:リンゴ、サクランボ、モモ、アーモンド、セロリ、ニンジン、ジャガイモ、大豆
◎スギ:トマト
◎イネ科:メロン、スイカ、トマト、ジャガイモ
◎ブタクサ:メロン、スイカ、バナナ
◎ヨモギ:セロリ、ニンジン、マンゴー
(各花粉症の人が必ず食物アレルギーというわけではないので注意)

 花粉・食物アレルギー症候群の患者は、国内の花粉症患者約4000万人のうち1〜2割とみられる。症状が軽い人や、アレルゲンとなる野菜や果物が限られている人は、食べないようにすることで自衛も可能だ。

 しかし、数が多い場合は重症化する前にアレルゲンとなっている花粉や食べ物を特定することが大切だ。

 何らかの花粉症を持っている人で、野菜や果物を食べたり、豆乳を飲んだりした時に口に違和感があるなど気になる症状があるなら、一度アレルギー専門医の診察を受けることをお薦めしたい。
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆