天才腹話術師・いっこく堂さんが血まみれで搬送~血液が突然“迷走”して失神

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ikokudo.jpg

回復が待たれるいっこく堂さん(公式ブログより)

 海外での評価も高い腹話術師のいっこく堂さん(52)が入院中だ。

 所属事務所は、「外傷性くも膜下出血」「両側前頭葉脳挫傷」、および「左眼~副鼻腔骨折」「左頬骨弓骨折」で約1週間の検査入院中であることを明かした。

 いずれも「軽い」と前置きしつつ本人のブログ上で明かされたが、その病状や予定される入院期間を鑑みれば、ファンならずとも痛々しさや心配が募る。

 かなりの字数を割いての病状報告は後半に差しかかってようやくこう綴っている。

 「倒れた原因は、断定できないのですが、「迷走神経反射」ではないかと思われています。特に持病もない人でも、何かのきっかけで起こるめまいの症状だそうです」

救急搬送時は自宅に戻れたが…

 顛末を整理すればこうだ。3月21日未明、就寝前のトイレを済ませたいっこく堂さんは突然のめまいに襲われ、フローリングの廊下に顔面から倒れて意識を失った(と推測される)。

 どのように倒れたのか、どのくらい気を失っていたのか、どこにどうぶつけたのか、いずれも本人の記憶はないという。気づいたら顔面が血だらけ状態だったので、家族が救急車を呼び、緊急搬送された。

 顔面の激痛と傷、頭痛と吐き気と寒気の症状に見舞われたが、搬送先の病院でのCT検査+血液検査では特に異常が認められなかった。その日は帰宅して静養し、明けて22日はTV番組の打ち合わせもこなした。

 ところが、頭痛と吐き気が一向に収まらないので再度病院で調べたら、新たにごく少量の「脳内出血」が判明。軽い「外傷性くも膜下出血」および「両側前頭葉脳挫傷」が原因だという。

 ブログには「これによって倒れたのではなく、倒れたために頭を打って、こういう出血がおこったようです」と綴られ、頭痛や吐き気も「脳震盪によるもの」と追記している。

<治療の中断>を減らした「オンライン診療」~会社やカフェからアクセスする患者たち
インタビュー「自宅や職場からの遠隔診察を可能に」第3回:新六本木クリニック・来田誠院長

第1回:<治療の中断>を減らした「オンライン診療」~会社やカフェからアクセスする患者たち
第2回:通院不要の「オンライン診療」~支払いはクレジット決済、薬は院外処方箋を自宅に配送
第3回:<治療の中断>を減らした「オンライン診療」~会社やカフェからアクセスする患者たち
 「5大疾病」のひとつとされ、もはや誰でもかかりうる病気となった精神疾患。その治療は長い期間にわたることが多いため、通院には負担がかかるのが常だった――。そんな精神科の診療をオンラインで行うことを可能にし、利便性を高めたのが新六本木クリニックだ。

理学療法士。日本で理学療法士として勤務した後、豪…

三木貴弘

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志