夜間の屋外照明が「睡眠の質」を落とす!? 都市部ほど深刻な「光害」問題

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自覚で防げる部分から「光害」を減らそう

 この街灯による光害を「公害」とするならば、今日のデジタルデバイス世代は「私害」とでも呼びたい曝露に連日さらされている。勤務時間帯のPC操作はやむを得ないとしても、自由時間にもタブレット端末やゲーム機をフル稼働の画面で曝露。そして、曝露の最悪例が就寝前のスマホのチェックだろう。

 頭上のLED照明を消して寝床に入ってもブルーライトを発するスマホを手放せない。この行為が網膜を通じて眠気を促すホルモン(メラトニン)分泌に抑制をかけて、就寝前の体を再び「もう、朝か?」と錯覚(覚醒)させる。

 翻って朝の起床時であれば、このブルーライトの強い覚醒効果がプラスの意味に働く。まだ薄暗い冬の早朝でも起きてから直ぐに部屋の照明を点ければ、LEDに含まれる日光級のブルーライトが体を目覚めさせてくれる。

 これで1日24時間よりもやや長目に出来ている概日リズム(Circadian rhythm)のズレが修正されるためだ。夜の場合は真逆のマイナス効果が起こり、シカゴのノースウェスタン大学で行なわれている最近の研究では、ブルーライトを3時間以上見続けると「空腹感」が増し、肥満を誘発(諸々の体調不良にも影響?)するのではないかとの新説も浮上してきている。

 要は概日リズムを乱す負の面もあれば、連日の誤差をリセットして活力を高める正の役割も大きいブルーライト。もはやデジタルデバイスを手放せない現代人であるからこそ、個人の自覚や認識度が使い手の健康事情までをも左右する。寝床厳禁を習慣化しよう。
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆