シリーズ「子どもには絶対に使ってはいけない生活用品」15回

安全な「市販ラー油」の選び方は? 「天然色素」の表示にダマされてはいけない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オススメは沖縄県石垣島の「らーゆ」(ぴにおん)

 では、安心して使える市販のラー油はあるのか?

 沖縄県石垣島の「らーゆ」(ぴにおん)がお勧めしたい。原材料は、ごま油(沖縄産)、唐辛子(沖縄産)、植物油(大豆を含む)といたってシンプル。原料の比率は、ごま油が1%、唐辛子が20%、植物油が79%である。

 生産・販売している「ぴにおん」は「食は無添加。そして『かめばかむほどに味が出る』を原点に食品を造り続けてまいりました」(ホームページ)という石垣島の食品企業だ。「ぴにおん」では石垣島の素材にこだわった食品造りをしている。この「らーゆ」も石垣島産の有機栽培の唐辛子を使用している。小ぶりで辛いのが島唐辛子の特徴だが、これが独特の風味とさらっとした辛さのラー油に仕立てている。

 植物油も国産で「遺伝子組み換え大豆は使っていません」(ぴにおん)とのことなので、安全で安心できるラー油だ。


シリーズ「子どもには絶対に使ってはいけない生活用品」バックナンバー

郡司和夫(ぐんじ・かずお)

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法政大学卒。食品汚染、環境問題の一線に立ち、雑誌の特集記事を中心に執筆活動を行っている。主な著書に『「赤ちゃん」が危ない』(情報センター出版局)、『食品のカラクリ』(宝島社)、『これを食べてはいけない』(三笠書房)、『生活用品の危険度調べました』(三才ブックス)、『シックハウス症候群』(東洋経済新報社)、『体をこわす添加物から身を守る本』(三笠書房・知的生き方文庫)など多数。

郡司和夫の記事一覧

郡司和夫
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純