“ゲス不倫”で議員辞職の宮崎謙介は「セックス依存症」!? 自爆で「育休取得」の後退に貢献?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

男性が延々と営んできた宿命、あるいは本能?

 ただ、歴史的には不倫は病理というよりは、男性が延々と営んできた宿命、あるいは本能だとも言える。

 1993年に刊行され当時広く読まれた『愛はなぜ終わるのか 結婚・不倫・離婚の自然史』(ヘレン・E・フィッシャー 吉田利子訳 草思社)には次のような一節がある。

 「ダーウィニズムからいえば、男性が、本来、性的な多様性を求めることは簡単に説明がつく。男性がひとりの女性にふたりの子供を産ませると、遺伝子的にいえば、彼はみずからを『再生産』したことになる」

 「だが、ほかの女性とも関係して、もうふたりの子供を産ませたとすれば、つぎの世代への貢献は倍になる。したがって、生物学的な面から見るかぎり、多様性を求める男子は子供も多く作ることになる」

 つまり宮崎氏も、生物としての本能に忠実に従っただけなのかもしれない!? もちろんそんな説明で有権者が納得するはずも、育休を提言しながら妻を裏切った責任が免れるわけもないので“アウト”。

 男性の育児休暇取得という主張自体には、それなりの意味はあっただけに、返す返すも残念である。
(文=編集部)

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫