シリーズ「DNA鑑定秘話」第28回

DNA鑑定秘話〜ハンカチに付着した100年前のプレイボーイの精液からDNAを検出

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

男系だけに伝わるY染色体がダンヌンツィオの精子DNAを暴いた

 微小な精液斑からダンヌンツィオの精子DNAをどのように検出したのか?

 精子の仕組みを少し復習しよう。1日に精巣で作られる精子の数は、およそ5000万〜1億個。大きさは、およそ60μm(0.06mm)。精巣で作られた精原細胞は、精巣上体(副睾丸)に運ばれる。精巣上体は、最大10億個の精原細胞を貯蔵し、精原細胞は、約70日間かけて分化し、精子に成熟して射精を待つ。射精1回当たりの精液に含まれる精子数は、およそ1〜4億個。元気のいい精子は、卵管を秒速0.1mmで進み、約5~15分で卵管膨大部にたどり着く。たどり着ける精子は、わずか数十個から数百個に過ぎない。

 このように受精のための重要な遺伝情報を持つ精子DNAは、射精後に消滅や変性、病原体の脅威などから自らを防御するために、強力な化学的バリアーを備えている。それが、スペルミンというタンパク質だ。

 今回のDNA鑑定のキーポイントは、DNAの中に男性だけが持っている性染色体のY染色体。つまり、男性だけに由来するY染色体中のDNAを調べれば、ダンヌンツィオのDNAとひ孫のDNAは完全に一致するので、ハンカチに残っていた精液斑の精子DNAはダンヌンツィオの精子DNAと確認できたのだ。

 ちなみに現在、精子DNAの検出に最も識別能力が高い試薬は、やや専門的だが、AmpFLSTR® Yfiler® PCR Amplification Kitという試薬だ。このkitなら、17種類のY染色体を1回のPCR反応でスピーディに増幅できるため、世界中の警察や法科学研究所で珍重され、犯罪捜査や親子鑑定などに活躍している。

 世紀を跨いで暴かれたプレイボーイの秘められたラブロマンス! サルデーニャ島の浜辺で肌を灼きながら、苦笑いしている色男ダンヌンツィオの顔が見えるようだ。


佐藤博(さとう・ひろし)
大阪生まれ・育ちのジャーナリスト、プランナー、コピーライター、ルポライター、コラムニスト、翻訳者。同志社大学法学部法律学科卒業後、広告エージェンシー、広告企画プロダクションに勤務。1983年にダジュール・コーポレーションを設立。マーケティング・広告・出版・編集・広報に軸足をおき、起業家、経営者、各界の著名人、市井の市民をインタビューしながら、全国で取材活動中。医療従事者、セラピストなどの取材、エビデンスに基づいたデータ・学術論文の調査・研究・翻訳にも積極的に携わっている。

シリーズ「DNA鑑定秘話」バックナンバー

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波