>  >  > 「野菜、肉・魚、米飯」どの順番で食べたら痩せられる?

食べる順番ダイエットは医学的根拠あり!会席料理は理にかなった先人の工夫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「食べる順番ダイエット」は、和食の代表である会席料理にも通じているという。研究グループによると「食物繊維の豊富な先付け(前菜)に始まり、タンパク質や脂質の供給源として 向付(刺身)、 鉢物(焼き物)などがふるまわれ、最後に米飯や果物が供される会席は、食後血糖の上昇を抑制するための古来の創意工夫」だという。和食のヘルシーさの根拠がまたひとつ示されたといえるかもしれない。

 では体重を落としたい人は食事をどう食べるといいのか? 定食では、先に汁物を飲んで空腹を落ち着かせてから、野菜・きのこ・海藻などの副菜に箸を付け、肉や魚の主菜をいただき、最後に米飯や麺という順序で食べるのが効果的。

 丼物でも汁物やサラダを食べてから、丼の具に半分ほど手を付け、最後に残りの具でご飯をいただくことで、「食べる順番ダイエット」を実践できる。

 そして大切なのは、食事途中で満腹感が得られるように、よく噛んでゆっくり時間をかけて食べること。最後に回したご飯が食べきれなくなったら、さっと食事を切り上げてしまおう。それにより無理なく“食べすぎ”も回避できるはずだ。
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆