あのスキーバス事故も? これだけ危険な夜勤明け運転~まさに「走る凶器」!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 同様の解析は他にもある。たとえば2012年に仏・パリの研究者が、医療従事者を対象に行った実験だ。

 30人の医療スタッフに午前8時、通常の状態と夜勤明けの状態で、運転シミュレーターによるテストを実施。都市で15分+高速道路などの自動車道で60分行い、反応時間、スピードや事故数、自動車道での直進性などを解析した。

 その結果、夜勤明けでは高速道路などの単調な運転で直線走行を続けるのが、通常より困難であることが明らかになった。さらにスピードのコントロールも難しくなったことから、交通事故を起こすリスクが高いことが実証されたという。

 ところが、夜勤明けの事故リスクに根本的な解決方法はない。簡単に生体リズムを夜型にできないからだ。ヒトの体内時計は、最低でも3週間程度を要するという。

 夜勤時の眠気対策には、30分ほどの仮眠を1~2回取ったり、コーヒーなどカフェインの覚醒作用を利用したりすることだ。クルマ通勤の場合は、わずかでも帰宅前に仮眠を取ることも効果的だ。

 労働者自身の意識も重要だ。状況判断の能力がいつも通りではないことを自覚し、決して無理をしないことが、いまのところ最大の安全策といえる。
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆