シリーズ「最新の科学捜査で真犯人を追え!」第5回

指紋、血痕、体液など肉眼で見えない痕跡を可視化! ALS(励起光源)の超透視力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ALSとカラーゴーグルが活躍するシーンは、人気TVドラマ『科捜研の女』『CSI:科学捜査班』『ボーンズ』などにたびたびお目見えしているので、知っている人も多いだろう。

 光学検査は、1970年にカナダ警察が水冷式の医療用アルゴンレーザーを実用化し、指紋、体液、繊維などを検出したのが始まり。だが、検査機器が大き過ぎ、検査費用もかさんだため、捜査現場での活用は少なかった。小型レーザー装置や手軽で安定した光源システムが開発された1990年代以降は、光学検査は、ラボ内から事件現場に移る。さらに、LEDが登場するや否や、ALSは、科学捜査の最前線に躍り出た。

 ALSはさまざまな場面で応用されているが、唯一の欠点があった。肉眼で見えない潜在指紋を検出する時、ALSは検体の背景に敏感に反応したために、指紋の観察・採取が正確にできなかった。

 だが、潜在指紋だけを発光させるALSの専用試薬が開発された。現在、潜在指紋は、ALSと専用試薬と、高感度の法科学用一眼レフカメラ(アメリカFujifilm社)によって撮影される。その画像データーは、専用のプログラムソフトを活用して、潜在指紋だけを正確に抽出できる。

  ちなみに、紙幣には、紫外線に反応するインクが使われていることから、ALSは偽札や偽造パスポートにも目を光らせている。


佐藤博(さとう・ひろし)
大阪生まれ・育ちのジャーナリスト、プランナー、コピーライター、ルポライター、コラムニスト、翻訳者。同志社大学法学部法律学科卒業後、広告エージェンシー、広告企画プロダクションに勤務。1983年にダジュール・コーポレーションを設立。マーケティング・広告・出版・編集・広報に軸足をおき、起業家、経営者、各界の著名人、市井の市民をインタビューしながら、全国で取材活動中。医療従事者、セラピストなどの取材、エビデンスに基づいたデータ・学術論文の調査・研究・翻訳にも積極的に携わっている。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆