DNA鑑定秘話 第20回

女児殺人の「島田事件」は疑わしい法医鑑定を根拠に死刑判決

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
女児殺人の「島田事件」は疑わしい法医鑑定を根拠に死刑判決の画像1

島田事件は死刑判決から29年8カ月後に無罪が確定(shutterstock.com)

 1954(昭和29)年1月、地下鉄丸の内線、池袋・御茶ノ水間が開通。2月、マリリン・モンローと夫・ジョー・ディマジオが来日、モンローウォーク、グラマーガールがブームに。 シャープ兄弟と力道山・木村のタッグマッチを初挙行、プロレス人気が沸騰する。テレビ受信契約1万台突破。3月、ビキニの水爆実験で第五福竜丸が被爆、乗組員全員が原爆症に認定……。年明けから春先にかけて、マスコミを騒がせる内外のニュースに、世間は耳目を奪われていた。

 箱根八里は馬でも越すが、越すに越されぬ大井川。箱根馬子唄に唄われた清流・大井川が貫く静岡県島田市。かつての東海道指折りの宿場町を揺るがす凄惨な殺人事件が突如、起きる。

 3月10日、快林寺の境内にある幼稚園で、卒業記念の行事中に6歳の女児が行方不明になる。ただちに島田警察署は、目撃情報の収集、聞き込み、山狩りなどの大捜索網を敷く。3日後の13日、榛原郡初倉村(現・島田市)の山林で、強姦された女児の無惨な遺体が発見される。

 5月24日、静岡県警は、岐阜県稲葉郡鵜沼町(現・各務原市)で、捜査線上に上がった精神病歴者や知的障害者のうち、所在不明で事情聴取していなかった赤堀政夫さん(25歳)を職務質問。当時の赤堀さんは、放浪生活をしていたが、島田警察署は正当な理由なく身柄を拘束・連行した。

 赤堀さんは、1月に島田市内で犯した些細な窃盗を自供。5月28日、警察は、窃盗罪で別件逮捕。6月1日、女児強姦致死・殺人の容疑で再逮捕。密室の取調室で長時間の尋問・暴行。「女児を誘拐・強姦し、性器に傷害を負わせ、胸部を拳サイズの石で殴打した後、絞殺した」という虚偽の供述調書を作成し、報道機関に公表。赤堀さんは起訴された。

 事件から6年余り。1960(昭和35)年12月、最高裁が死刑判決。以来、赤堀さんは、死刑執行の恐怖と向き合いながら、1986(昭和61)年に始まる第4次に及ぶ再審請求で、一貫して無実を訴え続けた。弁護活動や支援団体の請願が結実し、1989(昭和64)年1月、静岡地裁でついに再審無罪判決を勝ち取る。実に逮捕から34年8ヶ月、死刑判決の確定から29年8ヶ月。赤堀さんは還暦を迎えていた。

疑わしい法医鑑定の妄信、検察庁の証拠隠匿!

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔