シリーズ「頻尿と頻便と頻脈のサイエンス」第2回

成人は1分間に60~75回が適切な脈拍数〜脈拍数の乱れは病気の可能性

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 一方、徐脈性不整脈は、心拍数が遅くなる不整脈で、60回未満(bpm)の状態をいう。心拍数が遅くなりすぎると、心臓は脳や全身に血液を送れなくなるため、過度の疲労感、息切れ、めまい、失神、ふらつきなどの他、理解力や記憶の低下などの症状が見られる。

 徐脈性不整脈の原因は、遺伝性心異常、薬物治療の影響や副作用の他、老化現象、心筋梗塞による組織変化、電気信号を伝える刺激伝導系の障害である洞不全症候群などがある。治療は、ごく弱い電気刺激を心臓に送り、脈拍を上げ、症状を緩和させるペースメーカーによる治療が行なわれる。

 このように、脈(心拍数)は速くても遅くても、全身に甚大なリスクを及ぼす。

 将来の見込みや希みがある時、「脈がある」という。恋に胸がときめいた時も、感動に胸が高鳴る時も、そのリズミカルな脈(心拍数)は、健康の心強いペースメーカーになる。脈の乱れ、息切れ、動悸、めまい、立ちくらみ、虚脱感などがあれば、病院や診療所で診断を受けよう。
(文=編集部)

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫