台所での「スマホ」使用に要注意!  大腸菌やカビ……画面の表面では細菌が繁殖

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 では、現在市販されているスマホの衛生は、どう保ったらいいのだろうか。

 最近では防水対応の機種も増えており、これらは水洗いがお勧めだ。ただし、「DIGNO rafre」のように浸水しやすいハンドソープを用いるのは非推奨。だが、水洗いだけでも雑菌はかなり除去できる。

 iPhoneをはじめとする防水非対応スマホならば、PCなどOA機器向けクリーニングキットが効果的だ。抗菌タイプのクロスとクリーナー液がセットになったもので、クロスにクリーナー液を吹きかけて液晶面を拭き取る。

 エレコムやサンワサプライなどの周辺機器メーカーが、1000円前後でクリーニングキットを販売している。防水機能装備のモデルでも、水洗い後にこういったクリーニングキットで“仕上げ”れば、さらに衛生は保たれる。

洗顔用の除菌ウェットティッシュで代用も

 より簡単なものでは、OA機器用ウェットクリーニングティッシュという商品もある。もっと身近なものでは、洗顔用の除菌ウェットティッシュでも代用できる。使う場合、あまり水分を絞り出さずに液晶を拭き取ることが肝心だ。

 見逃しがちな“スマホの清潔度”。「洗えるスマホ」の登場で、今後クローズアップされる機能になりそうだ。
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆