「ボイスコマンド」でも注意力は低下! 運転中のスマホ操作が事故を招くことに

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回の調査は、自動車に組み込まれたボイスコマンドと、スマホに搭載された「Siri」「Google Now」「Cortana」の3つのボイスコマンドシステムを対象に行われた。

 調査ではあらかじめ、運転中に起こる注意力の低下を5つの動作レベルで分けている。

【レベル1】ラジオやオーディオブックを聞くのと同じ注意力の低下。
【レベル2】電話で話すのと同じ注意力の低下。
【レベル3】音声入力によるテキストメッセージをエラーのない完全なシステムで送信するのと同じ注意力の低下。
【レベル4】ソーシャルメディアの更新と同じ注意力の低下。
【レベル5】計算問題や記憶力問題が出されるOSPAN(The Operation Span Test)タスクの実行と同じ注意力の低下。

 そして、運転中に危険性をもたらす注意力低下であるのはレベル2以上としている。

 まず自動車に組み込まれたボイスコマンドシステムの調査結果を見ると、最も優秀だった2社、Chevy EquinoxとBuick Lacrosseでも2.4であり、最も注意力を低下させたMazda6は4.6だった。スマホのシステムでは、最も優秀だったGoogle Nowでも3.0、Siriは3.4、Cortanaは3.8だった。

 現在のボイスコマンドシステムは、運転中に使用すると、どれも危険性があるほどに注意力を低下させるが、スマホシステムのほうがより危険性が高いことがわかった。

 いずれ改良されて、ラジオを聴くように、ボイスコマンド操作が簡単に行える日もくるだろうが、今のところ運転中のスマホ操作はたとえハンズフリーであっても控えたほうがいいようだ。
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真