シリーズ「傑物たちの生と死の真実」第12回

松尾芭蕉の死因は? 食中毒、赤痢、感染性腸炎、胆石症、それとも旅の疲れ!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 芭蕉の死因は何か? 食中毒、赤痢などの諸説があり、定まらない。感染性腸炎による食中毒なら、発熱、下痢、悪寒の期間が長すぎる。記録によれば、この年、大坂で赤痢、腸チフスの流行はなかった。

 長旅の疲労や、仲介の心労、句会での体力消耗が重なり、免疫力が低下したために、何らかの感染症に冒されたのか? 潰瘍性大腸炎かもしれない。感染性腸炎は、サルモネラ菌や病原性大腸菌などの細菌、ノロウイルス、赤痢アメーバやランブル鞭毛虫などの寄生虫が腸に感染して発症する。食べ物や飲料水からの感染は、しばしば集団発生し、食中毒になる。芭蕉は、死の直前に椎茸を食したらしいが、同席の人たちも食したので、椎茸は原因とは考えにくい。

 潰瘍性大腸炎はどうか?  潰瘍性大腸炎は、主に大腸粘膜に潰瘍やびらんを発生する炎症性疾患。粘血便、下痢、腹痛などを起こす。現在、罹患数は、米国約100万人、日本約11万人。20~30代や50~60代に多い。厚生労働省の特定疾患に指定され、クローン病とともに炎症性腸疾患(IBD)に分類される難病中の難病だ。17世紀末の元禄の世なら、芭蕉が存命する道はなかったかもしれない。

 持病の胆石症はどうか? 胆石症には、肝臓にできる肝内結石症、胆嚢にできる胆嚢結石症、胆管にできる胆管結石症がある。主な原因は、胆汁の中のコレステロールと胆汁酸のバランスが崩れ、胆嚢粘膜から分泌されるムチンが結晶化するコレステロール結石だ。

 芭蕉は70句もの酒歌を残している。「川舟やよい茶よい酒よい月夜」「宵のとし空の名残惜しまむと、酒呑み夜更かして、元日寝わすれたれば」(大晦日の深酒でせっかくの元日を寝忘れてしまった)などとかなりの酒好きだったようだ。長年の酒癖が、アルコール依存症や胆石症につながった恐れもある。三重県の「俳聖芭蕉」「芭蕉紀行」、宮城県の「奥の細道」など、芭蕉にちなむ銘柄が愛飲されているのは、微笑ましい。

 死後8年を経た1702(元禄15)年。紀行文「おくのほそ道」が刊行される。風まかせ、雲まかせの旅路の遥かな追憶。300年の歳月を越えてもなお、その一句一句は、日本人の胸を騒がせる。

 野ざらしを心に風のしむ身哉
 古池や蛙飛びこむ水の音 

 武将・木曾義仲とともに眠る草葉の陰。芭蕉の耳元に戯れているのは、風の音なのか、水の音なのか?


佐藤博(さとう・ひろし)
大阪生まれ・育ちのジャーナリスト、プランナー、コピーライター、ルポライター、コラムニスト、翻訳者。同志社大学法学部法律学科卒業後、広告エージェンシー、広告企画プロダクションに勤務。1983年にダジュール・コーポレーションを設立。マーケティング・広告・出版・編集・広報に軸足をおき、起業家、経営者、各界の著名人、市井の市民をインタビューしながら、全国で取材活動中。医療従事者、セラピストなどの取材、エビデンスに基づいたデータ・学術論文の調査・研究・翻訳にも積極的に携わっている。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆