チャーリー・シーンさんがHIV陽性を告白! 性豪エピソードに同情の声なし?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 突然公表されたハリウッド人気俳優のHIV陽性の告白は、海の向こうの別次元の話のように感じたのなら、今回のことから学ぶべき教訓は、“日本人のHIV意識の低さ”である。

 東京都の昨年1年間の調査によれば、「エイズウイルス」とも呼ばれるヒト免疫不全ウイルス(HIV)の感染が新たに確認された10代は148人。「過去最多の増加人数」だという。チャーリーさんのように、陽性を自覚した上で性交すれば、日本の刑法上では傷害罪(15年以下の懲役または50万円以下の罰金)、相手が死亡すれば傷害致死の成立する可能性もある。

 1980年代に確認されながら未だ根治策が確立されていないHIV。日本では、全血友病患者の約4割(1800人)が、HIVに感染した悲劇が発覚した。いわゆる「薬害エイズ事件」の被害者人口が多数を占めていたが、現在は性行為などによって感染者が拡大している。

 全国からのHIV感染者報告数が年間1000件を越えた2007年以降、2008年を頂点として横ばい傾向にはあるとはいうものの、2014年(新規報告数1091件)は「史上3番目」に多い(厚生労働省エイズ動向委員会のまとめ)。

これは感染率が低下傾向にある、他の先進国事情を逆行しており、わが国のHIVへの“意識の低さ”をあらためて指摘したい。

 まもなく12月1日、「World AIDS Day(世界エイズデー)」を迎える。 ハリウッド人気俳優のHIV感染ニュースは、世間への啓発としてはタイムリーだったかもしれない。

今年のテーマは「AIDS IS NOT OVER だから、ここから」。感染が広がる若年層にも“Safer Sex”を啓蒙するため、12月6日、東京・表参道の日本看護協会ビル前ではミニ冊子やキュートなハート型包装のコンドームが配布される。
(文=編集部)

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇