チャーリー・シーンさんがHIV陽性を告白! 性豪エピソードに同情の声なし?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 突然公表されたハリウッド人気俳優のHIV陽性の告白は、海の向こうの別次元の話のように感じたのなら、今回のことから学ぶべき教訓は、“日本人のHIV意識の低さ”である。

 東京都の昨年1年間の調査によれば、「エイズウイルス」とも呼ばれるヒト免疫不全ウイルス(HIV)の感染が新たに確認された10代は148人。「過去最多の増加人数」だという。チャーリーさんのように、陽性を自覚した上で性交すれば、日本の刑法上では傷害罪(15年以下の懲役または50万円以下の罰金)、相手が死亡すれば傷害致死の成立する可能性もある。

 1980年代に確認されながら未だ根治策が確立されていないHIV。日本では、全血友病患者の約4割(1800人)が、HIVに感染した悲劇が発覚した。いわゆる「薬害エイズ事件」の被害者人口が多数を占めていたが、現在は性行為などによって感染者が拡大している。

 全国からのHIV感染者報告数が年間1000件を越えた2007年以降、2008年を頂点として横ばい傾向にはあるとはいうものの、2014年(新規報告数1091件)は「史上3番目」に多い(厚生労働省エイズ動向委員会のまとめ)。

これは感染率が低下傾向にある、他の先進国事情を逆行しており、わが国のHIVへの“意識の低さ”をあらためて指摘したい。

 まもなく12月1日、「World AIDS Day(世界エイズデー)」を迎える。 ハリウッド人気俳優のHIV感染ニュースは、世間への啓発としてはタイムリーだったかもしれない。

今年のテーマは「AIDS IS NOT OVER だから、ここから」。感染が広がる若年層にも“Safer Sex”を啓蒙するため、12月6日、東京・表参道の日本看護協会ビル前ではミニ冊子やキュートなハート型包装のコンドームが配布される。
(文=編集部)

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫