シリーズ「傑物たちの生と死の真実」第5回

西郷隆盛の最期は?西南戦争での遺体確認の決め手は肥大化した陰嚢!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

首のない遺骸、陰嚢水腫の痕跡、右大腿部の銃創

 1877(明治10)年、佐賀の乱、神風連の乱、秋月の乱、萩の乱などの不平士族の反乱が頻発する。

 西郷を疎ましく思っていた政府は、密偵団を差し向け、西郷暗殺の密令も出している。折しも、政府の挑発に乗せられた私学校の生徒らの暴動が誘い水になり、西南戦争が勃発。西郷も先陣へ。田原坂(たばるざか)の大激戦などを経て、城山に籠城する。

 『南洲翁遺訓』や『西南戦争と県令岩村通俊』などの記録によると、9月24日午前4時ころ、政府軍の集中砲火が城山を貫く。西郷に付き従った人々は40余名。「潔く死のう」と決意を固め、下山して進撃するが、西郷は肩と右大腿部に被弾。傍らにいた別府晋介に「晋どん、もうここいらでよか」とつぶやく。別府は涙を流しながら「ごめんなったもんし(お許しください)」と叫んで西郷の首を刎ねる。うどさぁ(偉大)な南洲翁の壮絶な最後だった。

 なぜ首のない死骸が西郷と分かったのか? それは巨大な陰嚢水腫だった。一方、西郷の首は、折田正助邸門前に一旦埋められる。戦闘終了後、西郷の首は発見され、政府軍の総指揮官・山縣有朋が検分。後日、亡骸とともに、南洲墓地に手厚く埋葬された。

 死後およそ140年――。鹿児島県人はもとより、西郷どんの人気は衰えない。人々の人望や信頼を集め、明治維新を成し遂げる原動力になった。「死地に入ってこそ、道が開ける」が終生の信念だった。日中韓同盟やアジアを視野に入れた壮大な国家計画。私利私欲に執着しない潔さ。何事も受け容れる度量の広さ。薩摩男の清廉誠実、質実剛健。その人間くさい魅力は、いくら言葉を重ねても言い尽くせない。錦江湾に腰を据える桜島のように、幾世紀も日本人の心に生き続けるだろう。次回は、西郷どんと幕末を駆け抜けた風雲児、坂本龍馬を取り上げよう。


(さとう・ひろし)
大阪生まれ・育ちのジャーナリスト、プランナー、コピーライター、ルポライター、コラムニスト、翻訳者。同志社大学法学部法律学科卒業後、広告エージェンシー、広告企画プロダクションに勤務。1983年にダジュール・コーポレーションを設立。マーケティング・広告・出版・編集・広報に軸足をおき、起業家、経営者、各界の著名人、市井の市民をインタビューしながら、全国で取材活動中。医療従事者、セラピストなどの取材、エビデンスに基づいたデータ・学術論文の調査・研究・翻訳にも積極的に携わっている。

シリーズ「傑物たちの生と死の真実」バックナンバー

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆