連載「死の真実が“生”を処方する」第13回

運転中に起きる心臓と脳の病気! 高血圧の治療が「交通事故死傷者」を減らす

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 心疾患と脳血管疾患が、運転中の病気発症の2大原因であることはご理解いただけたと思います。交通事故死傷者を低減するためには、この2大疾患の発生を予防しなければなりません。そのカギを握るのが血圧です。

 高血圧は、虚血性心疾患や脳血管疾患における最大の危険因子です。そして、若年者から高齢者まで、血圧が高い人ほど循環器系疾患の罹患率や死亡率が高いのです。したがって、高血圧を治療して至適レベル(理想的なレベル)に保つことは、病気の発症を予防し、交通社会の安全を確保する上でも重要なのです。事実、運転中に突然死した人の病歴を調べたところ、高血圧が最も多くを占めているのです。

 冒頭でもお話ししましたが、高血圧の人の大部分は治療が行われていないか、あるいは不十分な管理状態であるため、血圧を適正な状態に保つことが求められます。特に職業運転者は、公共交通の中核を担い、かつ運転頻度が高いので、事故予防に一層の配慮が求められます。職業運転者は運転に従事する時聞が長いことから、必然的に運転中の病気発症頻度も高くなります。さらに職業運転者は、長時間安全に自動車を運転させるという、精神的かつ肉体的ストレスにさらされています。したがって、より一層、疾患の発生予防に取り組む必要があるでしょう。

 まず、簡単に始められる予防策は何か? それは塩分を控えること。1日当たりの食塩の摂取量を3g低下させることで、収縮期血圧が1~4mmHg低減できるといわれています。国民の収縮期血圧が2mmHg低下することで、心疾患と脳血管疾患になる人を5%以上減らすことができるのですから、有効なことです。


hitosugi.jpg


一杉正仁(ひとすぎ・まさひと)
滋賀医科大学社会医学講座(法医学)教授。厚生労働省死体解剖資格認定医、日本法医学会法医認定医、専門は外因死の予防医学、交通外傷分析、血栓症突然死の病態解析。東京慈恵会医科大学卒業後、内科医として研修。東京慈恵会医科大学大学院医学研究科博士課程(社会医学系法医学)を修了。獨協医科大学法医学講座准教授などを経て現職。1999~2014年、警視庁嘱託警察医、栃木県警察本部嘱託警察医として、数多くの司法解剖や死因究明に携わる。日本交通科学学会(理事)、日本法医学会、日本犯罪学会(ともに評議員)など。

連載「死の真実が"生"を処方する」バックナンバー

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆