IQが低い子どもは、大人になって人種差別やヘイトスピーチへ向かう!?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最初の研究では、単語や形、記号などの似ている点、違う点を見つけるテストなどを利用し、言語的および非言語的知能をはかった。2つ目の研究では、数字の記憶、図形の描写、単語の定義付け、同一パターンや似ている単語を見つけるなどを含め、4種類の方法で認知能力をはかった。平均IQは100と設定された。

 その後、「学校は子供たちに権威への忠誠を教えるべきである」「他の人種の人たちと一緒に働いてもかまわない」など、あらゆる状況や差別的な内容に関する多数の質問への回答で分析された。

 その結果、子供時代に知能の低かった人は、大人になった時に人種差別主義的になるという結果になった。

 しかしHodsonはすぐにこうも言う。「知能の低さと社会的な保守主義者の関係性が判明したからと言って、自由主義者は賢くて、すべての保守主義者は頭が悪いと言っているわけではない。この研究は、大きく分けたグループの平均を見るものである」と。さらに「とはいえ、厳密な右翼的考えには、世界の複雑さを理解するのに苦労する人々を引き付けると信じるだけの理由がある」とも。

他集団との接触の少ない人が右翼権威主義を受け入れやすい

また、認知能力の低い人々は、他の人種の人々と接した機会の少ない人たちでもあった。
 Hodsonは研究仲間と共に、『psychological Science』誌のオンライン版で、「(IQの低い人たちにとって)他者のグループとの接触が精神的な挑戦であり、一般的には他との接触が偏見を減らすという研究結果とも一致しています」と語る。

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫