「タモリ式入浴法」はフランスでは常識の入浴法だった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 しかし、フランス人はいまだに週に1度くらいしか入浴しないという。その理由のひとつには、「体の皮脂や汚れを洗い流すと健康が損なわれる」と考えられている点にある。これは、フランスの医療に根付くデカルトの考え方からきているそうだ。

 また、フランス人が積極的に入浴しようとしないのは、気候も関係している。温暖湿潤な日本では、肌が蒸れやすく、入浴は頻繁に必要になる。その点、ヨーロッパの乾燥している地域では、入浴の必要性が薄くなる。そもそも、フランスは水道代が高いという背景もあるようだが......。

医学的にも石鹸はそれほど必要ではない?

 週に1回しか風呂に入らない人たちがいるくらいだから、毎日入浴する習慣のある日本人は、毎回石鹸を使わなくとも問題ないように思える。さらに、加齢とともに皮脂の分泌量が減るため、石鹸でゴシゴシ洗う行為は、皮脂を取りすぎてしまう。

 医学博士である岡田正彦氏の著書『医者が絶対にすすめない「健康法」』によると、「肌に負担をかけないためには、石けんを使わず手のひらでやさしくなでるように洗ったほうがいい」とある。岡田氏自身も、石鹸をあまり使わないと綴っており、使うときは手の平でなでるようにするだけという。

 肌の乾燥が気になる季節へ移る前に、一度 "タモリ式"入浴法を試してみてはどうだろう。皮脂の状態が改善し、衰えた潤いとハリも回復するかもしれない。
(文=編集部)

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太