溺れた人を見つけたら......二次被害を防ぐ、巻き込まれないための正しい対処法

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
drown.jpg

溺れた人への対処法 Yayimages/PIXTA(ピクスタ)

 今年の夏も、海や河川で遊泳した人は多いだろう。楽しいレジャーの一方で、毎年水難事故も多発している。警視庁の統計データによれば、2014年中に全国で水難に遭った1491人中、740人もの方が亡くなったり、行方不明になったりしている。

 川や海で溺れている人を見て、あわててすぐさま飛び込んで、溺れている人を救助しようとする人は少なくない。だが、助けようとした人まで溺れて亡くなってしまう、二次被害も後を絶たない。

なぜ、すぐに飛び込んでしまうのだろう。いてもたってもいられない思いから、我を忘れて反射的に行動するからなのか。ひょっとしたら、ドラマや映画でそんな救助シーンを目にすることが多いからかもしれない。

 理由はどうであれ、溺れている人を自らが飛び込んで助けるというのは、最もやってはいけない救助手段だ。"泳ぎ"で助けに向かうのが危険な理由は、すでに溺れている人がいるくらいだから、遭難しやすい水域だといえる。無事に、救助対象者にまで泳ぎ着けるかの確証はない。

 仮に溺れている人の元に泳ぎ着けても、パニック状態となって藁をもつかむ思いで、助けにきた人にしがみつこうとする。よほど訓練を積んだ人でないかぎり、翻弄されて共倒れになってしまうのだ。

 そこで正しい救助方法を紹介したい。そして、自分が溺れてしまった場合にも、どのような対処が最も適切なのかも合わせて見てみよう。

二次被害は周囲を混乱に! 巻き込まれないためには?

<和温療法>は医療の基本 女性の更年期障害・不定愁訴を大幅に改善
インタビュー「性差医療をめぐって」第3回 静風荘病院・天野恵子医師

「性差医療」のパイオニアである天野恵子医師(静風荘病院・埼玉県新座市)へのインタビュー第3回は、現在、天野医師が最も注目している療法のひとつである「和温療法」について伺う。
第1回<性差医療>っていったい何? 心筋梗塞や動脈硬化でも男女で症状に違いがある!
第2回 全国の「女性外来」の共通のモットーは「紹介状は不要」「症状は問わない」「初診に30分かける」」

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘