溺れた人を見つけたら......二次被害を防ぐ、巻き込まれないための正しい対処法

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
drown.jpg

溺れた人への対処法 Yayimages/PIXTA(ピクスタ)

 今年の夏も、海や河川で遊泳した人は多いだろう。楽しいレジャーの一方で、毎年水難事故も多発している。警視庁の統計データによれば、2014年中に全国で水難に遭った1491人中、740人もの方が亡くなったり、行方不明になったりしている。

 川や海で溺れている人を見て、あわててすぐさま飛び込んで、溺れている人を救助しようとする人は少なくない。だが、助けようとした人まで溺れて亡くなってしまう、二次被害も後を絶たない。

なぜ、すぐに飛び込んでしまうのだろう。いてもたってもいられない思いから、我を忘れて反射的に行動するからなのか。ひょっとしたら、ドラマや映画でそんな救助シーンを目にすることが多いからかもしれない。

 理由はどうであれ、溺れている人を自らが飛び込んで助けるというのは、最もやってはいけない救助手段だ。"泳ぎ"で助けに向かうのが危険な理由は、すでに溺れている人がいるくらいだから、遭難しやすい水域だといえる。無事に、救助対象者にまで泳ぎ着けるかの確証はない。

 仮に溺れている人の元に泳ぎ着けても、パニック状態となって藁をもつかむ思いで、助けにきた人にしがみつこうとする。よほど訓練を積んだ人でないかぎり、翻弄されて共倒れになってしまうのだ。

 そこで正しい救助方法を紹介したい。そして、自分が溺れてしまった場合にも、どのような対処が最も適切なのかも合わせて見てみよう。

二次被害は周囲を混乱に! 巻き込まれないためには?

精神鑑定「責任能力なし」~重大な他害行為を行った精神障害者の治療病棟では……
インタビュー「重大な他害行為を行った精神障害者の治療」第1回 国立精神・神経医療研究センター病院・第2精神診療部長:平林直次医師

重大な事件を犯しても「責任能力を問えない」と判断された精神障害者は、その後どのような処遇を受けているのだろうか? 他害行為を行なった精神障害者の治療を行う「医療観察法病棟」を担当する国立精神・神経医療研究センター第2精神診療部長の平林直次医師に知られざる治療の実情について訊いた。

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛