シリーズ「傑物たちの生と死の真実」第4回

尊厳死のあり方に一石を投じた昭和天皇の最期――がん告知や延命処置は適切だったか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昭和天皇は、がんを告知されていたか?

 作家・保阪正康氏は、自著『安楽死と尊厳死』で、侍医団は昭和天皇に膵臓がんを伝えないまま治療にあたったが、昭和天皇の死は、尊厳死運動に影響を与えたと書いている。

 容態の悪化につれて、脈拍や血圧などがマスコミで連日、刻一刻と報道された。昭和天皇は末期がんと闘っている。侍医団は必死に延命処置を続けている。容態は延命装置が辛うじて支えている。そう国民は判断した。

 報道が過密になるにつれて世論は動揺する。このような過酷な終末期医療は正しいのか? 無意味な延命処置ではないのか? 昭和天皇に救いの手は差しのべられないのか? 安楽死の道はないのか? 尊厳死をなぜ選べないのか? そんな声が日増しに強まった。侍医団が告知をしなかったことへの率直な疑問も湧いてきた。

 保阪氏は「もし昭和天皇に、がんの告知を行なっていたら、天皇がどのような意思表示をしたかは不明である。医学的な処置について何らかの意思を伝えたかもしれないし、それとは別に歴史的、国家的な意思を表明したかもしれない。昭和天皇には語っておきたいことが幾つかあったと推測している。その機会が失われてしまったことが、むしろ問題ではないか」と問いかけている。

 ドイツの哲学者、ショーペンハウエルはこう書いた。「真実を人々が真実だと認めるまでに3つの段階を通過する。第一段階では、嘲笑する。第二段階では、激しく反対する。第三段階では、当然のこととして受け入れる」と。

 私たちは、尊厳死を受け容れられるのか? 尊厳を失わず死を迎えられないのか? 昭和天皇の崩御は、QOD(Quality of Death=死の質)への問いかけでもある。


佐藤博(さとう・ひろし)
大阪生まれ・育ちのジャーナリスト、プランナー、コピーライター、ルポライター、コラムニスト、翻訳者。同志社大学法学部法律学科卒業後、広告エージェンシー、広告企画プロダクションに勤務。1983年にダジュール・コーポレーションを設立。マーケティング・広告・出版・編集・広報に軸足をおき、起業家、経営者、各界の著名人、市井の市民をインタビューしながら、全国で取材活動中。医療従事者、セラピストなどの取材、エビデンスに基づいたデータ・学術論文の調査・研究・翻訳にも積極的に携わっている。

シリーズ「傑物たちの生と死の真実」バックナンバー

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆