なぜ体重を測るだけで痩せられるのか? "ライフログ"の蓄積がもたらす不思議な効果

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レコーディング・ダイエットが大きなブームとなった後、食べることだけでなく、生活のあらゆる行動を記録することで、生活の質そのものを向上させたり、仕事の効率を上げたりする「ライフログ」へと発展していった。多くの人が、レコーディング・ダイエットの不思議な効果を、他の分野にもあてはめ、実践して成功しているのである。

 たとえば、毎日、家に帰ってからの行動を記録することにしたとする。「居間でだらだらテレビを2時間見て、漫画を読んで、風呂に入って、寝酒をして就寝した」。そんな記録は、客観的に見ると、我ながらあまり気持ちの良いものではない。そうすると、人は「もっと生産性のある過ごし方がしたい」と思うようになり、自ずと"だらだら"しなくなるのだ。

 自分が改善したいことを記録することで、思いもよらない効果が得られる可能性がある。「痩せたいけど痩せられない」そんなぼんやりとした悩みを抱えている人は、まずは体重を測ることから始めてみてはいかがだろうか?
(文=編集部)

妊活で<シチュエーションを変える>も吉~不妊治療は互いの愛情の確認から始めよう
インタビュー「『射精障害』での不妊が増えている」第3回:岡田弘医師(獨協医科大学埼玉医療センター・泌尿器科主任教授)

「非婚化」「晩婚化」と並んで、結婚した夫婦の間でも子どもができなくなっていることが、人口減少の一因であることは論をまたない。獨協医科大学埼玉医療センターの泌尿器科主任教授・岡田弘氏の診察室には、男性が原因で不妊となっている夫婦が数多く訪れる。なかでも近年、急速に増えているのが、挿入はできるけれど、女性の中で射精できない「膣内射精障害」だという。

Doctors Select

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆