なぜ体重を測るだけで痩せられるのか? "ライフログ"の蓄積がもたらす不思議な効果

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レコーディング・ダイエットが大きなブームとなった後、食べることだけでなく、生活のあらゆる行動を記録することで、生活の質そのものを向上させたり、仕事の効率を上げたりする「ライフログ」へと発展していった。多くの人が、レコーディング・ダイエットの不思議な効果を、他の分野にもあてはめ、実践して成功しているのである。

 たとえば、毎日、家に帰ってからの行動を記録することにしたとする。「居間でだらだらテレビを2時間見て、漫画を読んで、風呂に入って、寝酒をして就寝した」。そんな記録は、客観的に見ると、我ながらあまり気持ちの良いものではない。そうすると、人は「もっと生産性のある過ごし方がしたい」と思うようになり、自ずと"だらだら"しなくなるのだ。

 自分が改善したいことを記録することで、思いもよらない効果が得られる可能性がある。「痩せたいけど痩せられない」そんなぼんやりとした悩みを抱えている人は、まずは体重を測ることから始めてみてはいかがだろうか?
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆