定期的なマンモグラフィーが乳がんの「過剰診断」につながる可能性!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本でもマンモグラフィーに関する不要論や効果を疑問視する声がある。米国でも乳がん検診のマンモグラフィー検査が実際どの程度優れているのかは長年の論争であった。しかし、米国癌協会(ACS)は2013年12月11日、「乳癌死亡率に対するマンモグラフィー検診の効果をめぐる論争の大部分は作り物」との見解をBreast Cancer Managementに掲載した。

 この見解では、乳がん検診に関する研究・論文が対象とする女性の数、調査期間、対象年齢の違いなどについて検討している。検診のリスクの一つである過剰診断についても言及している。それによると。乳がんは長い時間をかけて発症するという傾向があることや早期に乳がんと診断され治療が可能になっている症例があることなどから、過剰診断といえる症例の割合は比較的低く10%以下であるとしている。
 
 果たしてこの10%は低い数字なのか高い数字なのか?全体で10%であると言われてもその個人にはゼロか100%だ。医学的な確率には常にこの現実が付きまとう。
(文=編集部)

幹細胞治療でCOVID-19の重症化抑制と予防の可能性
『新型コロナに対する幹細胞治療が注目』後編  スタークリニック院長竹島昌栄医師

前編『新型コロナ治療の救世主となるか 幹細胞治療の成果に注目』

いまだ世界的に猛威を振るう新型コロナウイルス。その治療薬やワクチン開発が進む中、注目を集めているのが幹細胞による治療だ。幹細胞治療に詳しいスタークリニックの竹島昌栄院長に話を聞いた。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行