『死の臓器』を100倍以上楽しむ方法②

小泉孝太郎主演『死の臓器』に登場する臓器ブローカーをはるかにしのぐ国家的臓器売買に世界が注目!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 報告書で「2000年から2008年までに囚人6万5千人が臓器移植のため生体のまま臓器を収奪され殺害された」としたマスタ氏は、昨年2度目の来日をはたし「かつては外国人を対象にしていた移植手術が中国の富裕層を対象としているため、より巧妙に発覚しにくくなっている」と説明している。

 臓器供給源となっているのは囚人や法輪功学習者、ウイグル族やチベット族などの少数民族などといわれるが、囚人からの臓器提供は中国政府も認めている。中国当局は2015年までに死刑囚からの臓器移植を段階的に中止するとの発表も行っているが、果たして現状はどうなっているのか?

 『死の臓器』はもともと日本で実際に起こった臓器売買事件から修復腎移植(レストア腎移植)を題材にしている。そして映画『人狩り』は国際的に評価の高いドキュメンタリーである。臓器不足をめぐる現実のほうがあまりにも深刻で、切実だ。
(文=編集部)

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫