2週間がリミット!? カラダに自信がある人ほど、運動を休むと大幅に"筋力が低下"

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 研究を実施したデンマーク、健康加齢センターおよびコペンハーゲン大学生物医科学部のAndreas Vigelsoe氏は、「我々の実験から、運動をしないと若い人でも高齢者でも同じように筋力に影響することが明らかになった」とコメント。

 片脚を2週間動かさずにいた場合、若い人では3分の1もの筋力が失われ、高齢者では約4分の1が失われた。同氏は、「若い男性が2週間の運動不足で失う脚の筋力は、40~50歳分の老化に相当する」と述べている。

 一般に、総筋肉量は加齢とともに低下する。若い男性は高齢の男性に比べ、筋量が片脚につき約900g多い。だが、今回の研究では、若い男性が2週間全く動かなかった場合、平均約500gの筋量が失われていた。ちなみに、高齢の男性では約250gの筋量が低下していた。

 同センターの研究員であるMartin Gram氏は、次のように指摘している。
「筋量が多いほど、失う量も大きい。つまり、元々体力のある人がケガをした場合、体力のない人に比べ、同じ期間でも多量の筋肉を失う可能性が高い」「高齢者は若い人よりも失う筋量は少ないが、筋量低下は重大事。全体的な健康状態や生活の質への影響も大きい」

元に戻るには運動しなかった期間の約3倍の期間がかかる!

 今回の研究では、対象者は2週間の運動制限の後、自転車でのトレーニングを週3~4回、6週間実施。ところが、この運動によって体力の回復はみられたが、筋量は期間中に完全には戻らなかった。

 「残念ながら自転車トレーニングでは、元の筋量を十分に取り戻せなかった。だが、このトレーニングは、筋量低下から回復して健康状態を取り戻すためには十分に有用だ。もし、筋量を以前の水準に戻したければ、ウェイトトレーニングを取り入れる必要があるだろう」(Vigelsoe氏)

 Gram氏によると、元の筋量に戻るまでには、運動しなかった期間の約3倍の期間を要するという。あらためて、日常の運動習慣の重要性が注目されている。
(文=編集部)

幹細胞治療でCOVID-19の重症化抑制と予防の可能性
『新型コロナに対する幹細胞治療が注目』後編  スタークリニック院長竹島昌栄医師

前編『新型コロナ治療の救世主となるか 幹細胞治療の成果に注目』

いまだ世界的に猛威を振るう新型コロナウイルス。その治療薬やワクチン開発が進む中、注目を集めているのが幹細胞による治療だ。幹細胞治療に詳しいスタークリニックの竹島昌栄院長に話を聞いた。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行