「海外人体解剖実習ツアー」が盛況の訳 コメディカルの質の担保に不可欠!?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

画像診断とシミュレーターだけでは分かりえない人体

 北大医学部解剖学の教授だった伊藤隆は、自分が病気になり入院して初めて解剖学の重要性に気づき、10年を費やしてコメディカル向けの『解剖学講義』(南山堂、1983)という名著を書いた。しかし、どんな名著でも実際に自分が人体の解剖を直に経験することを代替するのは無理だ。

 このところ、病理解剖数が現在では著しく減少し、病理解剖の機会を利用して、内視鏡やカテーテル挿入のトレーニングを積む臨床医もいなくなった。
 
 局所解剖の地図が立体的にしっかり頭に入っていないままで、内視鏡による腎臓摘出や肝臓の十二指腸乳頭部・膵臓の部分切除などを実施するのは、きわめて危険だ。人体はヴァリエーション(変異)に富んでおり、教科書に描かれた「正常図」なるものは、抽象的な概念図にすぎない。実際に人体解剖に立ち会ってみると、それがわかるから、実地に応用する場合にも臨機応変の対応ができる。

 しかし、CTなどの画像診断とシミュレーターを用いて内視鏡練習しか知らない、優等生の外科医には、それがわからならい。だからフライト・シミュレーターで訓練しただけのパイロットが、いきなりジャンボジェットを飛ばすような、危ない内視鏡手術をして患者を死なせてしまう。
 
 世の中は教科書に書いてあるのとは相当違う、ということがわからない。そのわからないということがわかっていないのだから、始末におえない。

 ともあれ、医学部の新設がいろいろと計画されているが、医師を増やすだけでは医療の質はよくならない。コメディカルの質を高めることも重要であり、それにおける「人体解剖実習」はきわめて大切だ。昭和24(1959)年制定の「死体解剖保存法」は、医師以外のものの「解剖学習」を制限しており、抜本的改正が望まれるところだ。
※「医薬経済」5/1号「<人体解剖>は海外実習の時代」に触発されて。
(文=広島大学名誉教授・難波紘二)メルマガ『鹿鳴荘便り』(5/4)より抜粋、加筆

難波紘二(なんば・こうじ)

広島大学名誉教授。1941年、広島市生まれ。広島大学医学部大学院博士課程修了。呉共済病院で臨床病理科初代科長として勤務。NIH国際奨学生に選ばれ、米国NIHCancerCenterの病理部に2年間留学し血液病理学を研鑽。広島大学総合科学部教授となり、倫理学、生命倫理学へも研究の幅を広げ、現在、広島大学名誉教授。自宅に「鹿鳴荘病理研究所」を設立。2006年に起こった病気腎移植問題では、容認派として発言し注目される。著書に『歴史のなかの性―性倫理の歴史(改訂版)』(渓水社、1994)、『生と死のおきて 生命倫理の基本問題を考える』(渓水社、2001)、『覚悟としての死生学』(文春新書、2004)、『誰がアレクサンドロスを殺したのか?』(岩波書店、2007)などがある。広島大学総合科学部101冊の本プロジェクト編『大学新入生に薦める101冊の本』(岩波書店、2005)では、編集代表を務めた。

難波紘二の記事一覧

難波紘二
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆