2014.07.01

【病気の知識】 心の病気・強迫性障害

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

強い「とらわれ」や「こだわり」のために、自分でもばかばかしいとわかっていながらある考えが頭から離れなくなったり、不必要とわかっていてもその行動をいつまでも繰り返したりして、日常生活に支障を来している状態をいいます。


●どんな病気

 「とらわれ」や「こだわり」が極端で、自分でもばかばかしいとわかっていながらある考えが執拗に浮かんできて頭から離れなくなったり、不必要とわかっていてもその行動をいつまでも繰り返したりして、日常生活に支障を来している状態をいいます。
 欧米の統計では一般人口の1−2%にこの障害を持つ人がいると言われています。性差はあまり見られないようです。うつ病や不安障害との合併が多いことが知られています。


●どんな症状

 反復する強迫思考と強迫行為です。
 強迫思考は、心の中に繰り返し浮かぶ観念、衝動、イメージのことです。通常ご本人の意思とは反した、そして嫌な内容(不潔、暴力、死、わいせつなど)のものが多く、不適切で無意味とわかっていてもその考えが頭から離れず、いつまでも苦痛をもたらします。
 強迫思考に伴って高まる不安を打ち消すための行為や儀式を強迫行為と言います。たとえば「不潔に対する恐れ」から手をいつまでも洗い続けたり、「盗難」や「火事」を心配して何度も何度も戸締まりや火の元を点検しいつまでたっても外出そのものができなくなったりします。


●どんな診断・検査

 問診が中心になります。他の精神障害の併存についても調べていきます。


●どんな治療法

 まずは心理教育を行い、ご本人やご家族の疾病に対する知識や理解を深めます。薬物療法を行う場合、用法・用量を守ることが大切です。認知行動療法も平行してすすめていきます。

Recommended by logly
精神鑑定「責任能力なし」~重大な他害行為を行った精神障害者の治療病棟では……
インタビュー「重大な他害行為を行った精神障害者の治療」第1回 国立精神・神経医療研究センター病院・第2精神診療部長:平林直次医師

重大な事件を犯しても「責任能力を問えない」と判断された精神障害者は、その後どのような処遇を受けているのだろうか? 他害行為を行なった精神障害者の治療を行う「医療観察法病棟」を担当する国立精神・神経医療研究センター第2精神診療部長の平林直次医師に知られざる治療の実情について訊いた。

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛