皮膚の病気

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

●帯状疱疹

誰でもかかる可能性のある病気である。体の片側に神経の走行に沿って帯のように発疹が現れる。 神経に起こる病気なので敏感な神経が傷ついて痛みを感じる。

●水虫

"昔軍人、今OL"と例えられるように、最近では若い女性にも水虫が増えており、決して"おじさんの病気"ではありません。 白癬菌というカビが起こす皮膚病です。

●化粧品皮膚炎

化粧品の使用部位に赤みやかゆみを生じたり、その化粧品に替えたことによってニキビができたり、なんとなくお化粧がのらないような肌荒れを起こしたり、それまで毎日使用していた化粧品が、あるとき突然しみるようになったりしたときには、化粧品皮膚炎を疑う。

●アトピー性皮膚炎

近年、ダニ、ハウスダスト、スギ花粉などのアレルギーを引き起こす物質(アレルゲン)の増加、生活様式の変化、ストレス社会など環境の変化に応じてアレルギーを持つ人の数が急激に増えている。

●褥瘡(じょくそう)

褥瘡(じょくそう)とは、一般にいう、床ずれのこと。 褥瘡はその人の体格や寝ている体位によって生じる場所はさまざまだが、体重のかかる骨の突出している部位で、脂肪や筋肉の薄いところによく発症する。

●ほくろ

日本人のほくろは、多くは黒い色素斑や、やや出っ張りのある丘のような形になって体表に現れる。 白人は通常の皮膚色と同じであることも多く、日本人でも皮膚と同じような色調をしていることがある。

●日焼け

軽いやけどと同じ状態。 日光にあたったあと数時間で日光にあたった部位に限局してはっきりとした赤み(紅斑)を生じ、6~24時間後でピークに達する。

●疥癬

ヒトヒゼンダニが皮膚の角層部分に寄生して発症する。 STD(性感染症)の一種で直接感染として性交で感染しますが、間接感染として寝具などでも感染する。

●悪性黒色腫

いわゆるホクロの癌とよばれているものである。 皮膚のメラノサイトとよばれるメラニン(褐色の顆粒)を生成する細胞の癌。

●ニキビ

にきびは思春期から青年期に多い病気だ。 一言でいうと毛穴の炎症で、"尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)"という。

●蕁麻疹

激しいかゆみを伴って、皮膚が赤くなって蚊に刺されたように盛り上がってくる病気。 この発疹を膨疹(ぼうしん)と呼ぶ。

●虫さされ

虫さされは、赤くぷくっと腫れて痒みのある皮膚炎。 患者さんが虫が刺すところを見ていたり、虫がいたことが解っていたら診断は簡単だ。

部下や同僚が「うつ病」になったら? リワークのプログラムの提供施設は全国200以上に拡大
インタビュー「職場でのうつ病の再発を防ぐ」秋山剛医師(NTT東日本関東病院精神神経科部長)

第1回:「障害」が疑われる人の<うつ休職>
第2回:「新型うつ」はどう治す?
第3回:部下や同僚が「うつ病」になったら?
うつ病で休職中の社員が、毎日決まった時間に病院に通い、同じうつ病の仲間とともに再発を防ぐためのプログラムを受けることが「うつ病のリワーク」と呼ばれ注目を集めている。

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

こくらクリニック院長。1963年生まれ。1991…

渡辺信幸

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫