血液の病気

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

●急性白血病

急性白血病の主な症状は、貧血、出血そして感染に伴う発熱だが、特別な症状の無いまま検査によって発見されることもある。かぜ気味で検査をしたら...とか、微熱が続くので...といった検査で見つかることもしばしば認められる。急性リンパ性白血病の場合にはリンパ節が大きくなったために発見される場合もある。

●慢性骨髄性白血病

慢性白血病は血液中の白血球数が著しく多くなる病気だが、症状がほとんど無い場合が多く、白血球の数も多いながら症状が安定している疾患だ。まれに脾臓の腫大に伴い、左上腹部の膨満感や食欲不振を訴えることもある。

●慢性リンパ性白血病

症状がほとんど無い場合が多いが、リンパ節が腫大すればそれを触知することもある。溶血性貧血を起こすこともあり、そのために黄疸や著しい貧血の場合もある。病状が進展すると、赤血球や血小板減少が著しくなるために貧血や出血といった症状が悪化することがある。感染症にかかり易くなるために発熱したり、脾臓が著しく増大することにより、脾臓の梗塞を起こすこともある。

●悪性リンパ腫

ゆっくり進展する場合は、リンパ節の腫大あるいは脾臓の腫大が主な症状だが、貧血等の症状が見られる場合もある。急速に進展する場合には、感染あるいは出血の症状を伴う事もあり、リンパ腫自体に伴う発熱や夜間の発汗、体重減少などの症状が見られる事もある。また各臓器に障害をきたす場合もある。

●貧血

貧血が起こると体がだるく、疲れやすく、力が入らないような状態になる。外見では顔色が悪く、軽い動作でも動悸や息切れを感じる。立ち眩みと呼ばれる一時的な脳の虚血に伴うふらつきや意識障害は、貧血の人でも起こる。

●血小板異常(ITP)

血小板が減少すると止血がうまくいかないために出血が起こり易くなる。皮下出血は通常点状だが、大きくなると紫斑と呼ばれる。歯肉出血や鼻出血を始め、消化管や尿路からの出血もし易くなる。女性では月経過多もある。著しい場合には、消化管からの大出血や頭蓋内出血なども起こり、生命の危険を伴う場合もある。

●血小板異常(増加症と機能異常)

血小板の数が増加するために血液が固まり易くなり、血栓症が起きたり、逆に出血症状を示す場合がある。脾臓が腫大し、左上腹部の不快感を訴える場合もある。

●多発性骨髄腫

この病気にかかると、増殖する形質細胞のために、正常な血液細胞が骨髄中から駆逐され、白血球減少、貧血や血小板減少が認められるようになる。循環不全を引きおこし、腎臓等に沈着して腎機能障害をおこすこともある。

「新型うつ」はどう治す?~心理的な背景にある〈偏り〉の改善がカギに
インタビュー「職場でのうつ病の再発を防ぐ」秋山剛医師(NTT東日本関東病院精神神経科部長)第2回

うつ病の仲間とともに再発を防ぐためのプログラム「うつ病のリワーク」が注目を集めている。今回は、いわゆる「新型うつ」について、 NTT東日本関東病院精神神経科部長・秋山剛医師に話を聞いた。

理学療法士。日本で理学療法士として勤務した後、豪…

三木貴弘

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔