合成保存料に関する記事まとめ

 食品の細菌やカビの繁殖を抑えて食品の日持ちをよくする食品添加物。ソルビン酸、安息香酸ナトリウム、白子たん白抽出物などが有名。
 
 保存料というと、かつてはソルビン酸が多く用いられていたが、ソルビン酸は単体では染色体異常を引き起こしたり、亜鉛酸ソーダをはじめとした複合摂取による発がん性の恐れなどの報告があり、「怖い添加物」としてのイメージがある。そのため、ソルビン酸を使用していないということで、「合成保存料は使用していない」とアピールしている食品を見かける。しかし現実には、グリシンや酢酸ナトリウム、白子たんぱく等、他の日持ち向上剤が使用されている。日持ち向上剤もソルビン酸と同じ「食品添加物」だ。
 
 そもそもソルビン酸は使える食品も少なく、その添加量も厳しく制限されている。たとえば、幕の内弁当の中で使える食品は、ウインナーやかまぼこ、漬物くらいのものである。しかし、最近では漬物は真空パックに入れて、65度の湯せんで殺菌する方法に代わり、かまぼこ工場も外気の入らない環境で、加熱後の製品管理が向上し、さらに低温流通の発達で、ソルビン酸を使うところは減少している。
 
 もともとソルビン酸を使わず、品質や味にこだわるかまぼこを製造してきたかまぼこ屋も少なくない。島根県出雲市の別所蒲鉾、広島県尾道市の桂馬蒲鉾商店、大手の山口県長門市、フジミツ(株)などがそれにあたる。各企業努力と製品管理、低温流通の発達・向上のおかげで国内のソルビン酸の需要はここ15年間で3分の1に減少している。ある添加物だけを悪者にし、他の添加物を使用するというのでは、添加物の本質的な問題を見失ってしまう。

合成保存料に関連するキーワード

妊活で<シチュエーションを変える>も吉~不妊治療は互いの愛情の確認から始めよう
インタビュー「『射精障害』での不妊が増えている」第3回:岡田弘医師(獨協医科大学埼玉医療センター・泌尿器科主任教授)

「非婚化」「晩婚化」と並んで、結婚した夫婦の間でも子どもができなくなっていることが、人口減少の一因であることは論をまたない。獨協医科大学埼玉医療センターの泌尿器科主任教授・岡田弘氏の診察室には、男性が原因で不妊となっている夫婦が数多く訪れる。なかでも近年、急速に増えているのが、挿入はできるけれど、女性の中で射精できない「膣内射精障害」だという。

Doctors Select

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆