「子どもの感染症」について

子どもの病気の多くは感染症。乳幼児期には免疫力が未成熟であるため、さまざまな感染症にかかってしまう。しかし、感染の過程で抵抗力を養うという面もある。ただし、中には深刻な合併症や後遺症、さらには生命にかかわる危険な病気もあるので注意が必要。

「子どもの感染症」から考えられる病気

発疹あり
三日ばしか
はしか
突発性発疹症
ヘルパンギーナ
伝染性単核球症
手足口病
水痘
猩紅熱
伝染性紅斑
発疹なし
プール熱
おたふくかぜ
日本脳炎
百日咳
マイコプラズマ肺炎
細菌性赤痢
結核
クラミジア・トラコマチス肺炎
スマホでオンラインゲーム依存〜1日で課金15万円! 依存者は国内で420万人!?
インタビュー「スマホゲーム依存の実態と治療法」第1回:久里浜医療センター・樋口進院長

日本の成人のうち、ネット依存の傾向のある者は男性は4.5%、女性は3.6%。その数は約421万人と推計されるという。全国にさきがけてスマホゲーム依存症の治療に取り組んでいる独立行政法人国立病院機構久里浜医療センターの樋口進院長に、スマホゲーム依存の実態と治療法について訊いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘