「子どもの感染症」について

子どもの病気の多くは感染症。乳幼児期には免疫力が未成熟であるため、さまざまな感染症にかかってしまう。しかし、感染の過程で抵抗力を養うという面もある。ただし、中には深刻な合併症や後遺症、さらには生命にかかわる危険な病気もあるので注意が必要。

「子どもの感染症」から考えられる病気

発疹あり
三日ばしか
はしか
突発性発疹症
ヘルパンギーナ
伝染性単核球症
手足口病
水痘
猩紅熱
伝染性紅斑
発疹なし
プール熱
おたふくかぜ
日本脳炎
百日咳
マイコプラズマ肺炎
細菌性赤痢
結核
クラミジア・トラコマチス肺炎
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆