【病気の知識】

手足口病

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どんな病気

 幼児、小児によく見られる疾患で、手のひら、足の裏、口の中の発疹と水疱を特徴とします。一般的には、発熱で始まる軽い病気で、ほとんどの人が1週間から10日程度で自然に治ります。合併症もほとんどありませんが、まれに髄膜炎等になり入院が必要となります。

 主に夏に幼児を中心として流行しますが、原因はコクサッキーA16など、エンテロウィルスのうちの何種かで一種でないため、何回もかかることがあり、また、大人も時にかかります。感染経路は、経口、接触、飛沫と、そばにいるだけでもうつります。

どんな症状

 感染してから3~4日の潜伏期をおいて38℃前後の発熱を数日間伴うことが多いですが、あまり熱の出ないこともあります。口内の発疹は、2~5mm程度の水疱性の発疹は舌頬粘膜と広範囲にでき、痛みのために食べられなくなってしまうこともあります。手・足にも同様の発疹ができますが、かゆみや痛みはほとんどありません。発疹は7~10日で消失します。

 他に合併症として下痢することもありますが、軽く済みます。いちばん怖い合併症として髄膜炎、脳炎が稀にあり、発疹の初期2~3日に頭痛、嘔吐を伴う高熱が2日以上続いたら医師に診てもらった方がよいでしょう。

どんな診断・検査

 一般的には、手足口の発疹と発熱など症状で診断します。

どんな治療法

 口が痛くて食べられなくなり、発疹のため脱水傾向となりやすいので、薄味のやわらかい食事をあげて、水分不足にならないようにしてください。発疹には、特別効果のある薬はなく、口内を保護する軟膏程度です。

 発熱に対しても、腋を冷やしたりと、風邪のときのように冷やすだけで済むことが多いですが、熱が高ければ対症的に、一時解熱剤を使ってもよいです。発熱に対しては、必要に応じて解熱剤の投与や、首、腋などの冷却をしますが、冷やし過ぎないようにしましょう。38℃程度なら解熱剤は使用しなくてよいです。食欲不振には、水分の多いものをあげて、脱水には注意し、そのために元気がなくなっているようなら医師に診せてください。

どんな予防法

 幼稚園などでは患児と接触しないことです。また、患児の便に対する注意と手洗いは予防として必要ですが、ワクチンはありません。

 登園は患児が発熱・下痢等の主要症状が改善すれば可能としますが、主症状が回復した後も、4週間くらい身体にウィルスが排出されることがあり、他の幼児にうつしてしまうこともあります。この時期に3種混合やポリオ等の予防、接種を行うことが多いのですが、ワクチン接種は主症状が改善してから1カ月以降とします。

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇