加齢黄斑変性

監修:高橋現一郎・東京慈恵会医科大学眼科学講座准教授どんな病気 加齢黄斑変性は、加齢が原因で物を見る中心部に障害が生じる眼の病気です。この病気は、欧米では成人の主要な失明原因ですが、日本では最近少しずつ増えてきています。 黄斑という物を見る中心部に障害が生じるた…続きを読む

加齢黄斑変性

緑内障

緑内障

結膜炎

結膜炎

角膜炎

角膜炎

網膜剥離

網膜剥離

糖尿病網膜症

監修:高橋現一郎・東京慈恵会医科大学眼科学講座准教授どんな病気 糖尿病の3大合併症(糖尿病腎症、糖尿病神経症、糖尿病網膜症)のひとつで、長期間、血糖が高い状態が続くと網膜の血管から出血したり新生血管(もともとの網膜の血管より出血しやすい弱い不完全な血管)が発生します。年間…続きを読む

糖尿病網膜症

白内障

白内障
がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔