胃腸/肛門

消化管ポリープ

どんな病気 粘膜や皮膚の表面に起こる球状、もしくはキノコ状の腫瘤をポリープと呼ぶが、消化管のポリープは腸管の内側表面からイボ状に突出した隆起性の病変を総称したものだ。一般的には胃と大腸(結腸、直腸)のポリープが問題となることが多いのだが、胃ポリープの発症例はわずかで、大腸ポリ…続きを読む

消化管ポリープ

早期胃がん

早期胃がん

大腸がん

大腸がん

食道がん

食道がん

痔瘻・裂肛

どんな病気 肛門と直腸の間には歯状線という波型の部分がある。この歯状線と直腸粘膜の境目に、肛門陰窩(いんか)と呼ばれるポケット状の窪みがあり、ここには肛門腺という多数の分泌腺が開いている。この肛門陰窩に便が溜まり、大腸菌などの細菌が肛門腺内に侵入して腺の根本の部分に炎症が起こ…続きを読む

痔瘻・裂肛

痔核

痔核

逆流性食道炎

逆流性食道炎

便秘

便秘

過敏性腸症候群

どんな病気 腸管の運動は、中枢神経と腸管を結ぶ自律神経(交感神経および副交感神経)と腸管自体に存在する神経線維によりコントロールされている。交感神経は腸管の運動や緊張を抑制し、副交感神経はその反対の作用を持つ。これらに障害が起きると、腸管の運動障害が起きる。 過敏性腸症候…続きを読む

過敏性腸症候群
外反母趾や足裏のつらい痛みに「ゆったり靴」はNG!自分の足の個性に合う靴選びを
インタビュー「インソールで健康増進&機能アップ」第2回 日本フットケアサービス㈱代表取締役社長 大平吉夫

足の形は普段履いている靴や生活習慣の影響を受けるが、顔と同じように、生まれつき決まっている部分も大きい。一人ひとりで異なる足の個性に合わせて靴を選び、インソール(靴の中敷き)を使うことで、日常生活を支障なく過ごせるだけでなく、自分の能力を最大限に発揮させることができそうだ。人の目にさらされる機会がほとんどない、地味な存在のインソールだが、実に多様な機能を発揮しているようだ。義肢装具士の大平吉夫さんに詳しく聞いた。
第1回「インソールで体調が改善、疲れにくく生活が楽になる!運動も楽しめる!」

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真