胃腸/肛門

消化管ポリープ

どんな病気 粘膜や皮膚の表面に起こる球状、もしくはキノコ状の腫瘤をポリープと呼ぶが、消化管のポリープは腸管の内側表面からイボ状に突出した隆起性の病変を総称したものだ。一般的には胃と大腸(結腸、直腸)のポリープが問題となることが多いのだが、胃ポリープの発症例はわずかで、大腸ポリ…続きを読む

消化管ポリープ

早期胃がん

早期胃がん

大腸がん

大腸がん

食道がん

食道がん

痔瘻・裂肛

どんな病気 肛門と直腸の間には歯状線という波型の部分がある。この歯状線と直腸粘膜の境目に、肛門陰窩(いんか)と呼ばれるポケット状の窪みがあり、ここには肛門腺という多数の分泌腺が開いている。この肛門陰窩に便が溜まり、大腸菌などの細菌が肛門腺内に侵入して腺の根本の部分に炎症が起こ…続きを読む

痔瘻・裂肛

痔核

痔核

逆流性食道炎

逆流性食道炎

便秘

便秘

過敏性腸症候群

どんな病気 腸管の運動は、中枢神経と腸管を結ぶ自律神経(交感神経および副交感神経)と腸管自体に存在する神経線維によりコントロールされている。交感神経は腸管の運動や緊張を抑制し、副交感神経はその反対の作用を持つ。これらに障害が起きると、腸管の運動障害が起きる。 過敏性腸症候…続きを読む

過敏性腸症候群
睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆