胃腸/肛門

消化管ポリープ

どんな病気 粘膜や皮膚の表面に起こる球状、もしくはキノコ状の腫瘤をポリープと呼ぶが、消化管のポリープは腸管の内側表面からイボ状に突出した隆起性の病変を総称したものだ。一般的には胃と大腸(結腸、直腸)のポリープが問題となることが多いのだが、胃ポリープの発症例はわずかで、大腸ポリ…続きを読む

消化管ポリープ

早期胃がん

早期胃がん

大腸がん

大腸がん

食道がん

食道がん

痔瘻・裂肛

どんな病気 肛門と直腸の間には歯状線という波型の部分がある。この歯状線と直腸粘膜の境目に、肛門陰窩(いんか)と呼ばれるポケット状の窪みがあり、ここには肛門腺という多数の分泌腺が開いている。この肛門陰窩に便が溜まり、大腸菌などの細菌が肛門腺内に侵入して腺の根本の部分に炎症が起こ…続きを読む

痔瘻・裂肛

痔核

痔核

逆流性食道炎

逆流性食道炎

便秘

便秘

過敏性腸症候群

どんな病気 腸管の運動は、中枢神経と腸管を結ぶ自律神経(交感神経および副交感神経)と腸管自体に存在する神経線維によりコントロールされている。交感神経は腸管の運動や緊張を抑制し、副交感神経はその反対の作用を持つ。これらに障害が起きると、腸管の運動障害が起きる。 過敏性腸症候…続きを読む

過敏性腸症候群
胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇